トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 宮崎県立美術館コレクション展(第4期)の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年1月15日

宮崎県立美術館コレクション展(第4期)の開催について

年に4回、多彩なテーマで宮崎県立美術館の収蔵作品を紹介するコレクション展。今回は、ミロや野見山暁治らによる国内外の名品、大野重幸の日本画や保田井智之の彫刻など宮崎ゆかりの作家を紹介します。また、家族や作家仲間が語る瑛九像を、代表作や資料とともに紹介します。観覧無料です。

第4期コレクション展

1

  • 会期:令和3年1月9日(土曜日)~4月6日(火曜日)
  • 休館日:会期中の月曜日(1月11日、2月15日、22日を除く)、及び1月12日(火曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2

  • 宮崎県立美術館1示室1・2・3

3

  • 宮崎県立美術館の収蔵作品を次の4つのテーマで紹介します。観覧無料

名画セレクション+生誕100年野見山暁治

バㇽラや村井正誠ら国内外の名品とともに、生誕100年を迎え、現役で活躍する野見山暁治の作品を交流のあった藤田嗣治らの作品とともに紹介します。

宮崎の美術-郷土の日本画

宮崎県を代表する画家山内多門や塩月桃甫などの作品とともに、高鍋藩の絵師安田李仲(8代)や都城市出身の大野重幸など、郷土の日本画を紹介します。

 

宮崎の彫刻家たち

戦前活躍した渡辺小五郎や、現在活躍中の保田井智之など、宮崎県出身の彫刻家たちによる彫刻を紹介します。

瑛九抄

瑛九と杉田家の人々、瑛九とミヤ子夫人、瑛九と画家たちなど、それぞれから語られる瑛九像を「田園B」などの代表作や資料とともに紹介します。

4ャラリートーク

日時 内容 場所
2月28日(日曜日)午後2時~ 画家たちが語る瑛九 展示室3
3月21日(日曜日)午後2時~ 宮崎の美術-日本画を中心に コレクション展示室2
  • 各回30分程度

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp