トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 宮崎県立美術館コレクション展(第1期)の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年4月17日

宮崎県立美術館コレクション展(第1期)の開催について

美の魅力と出会う感動のひととき

年に4回、多彩なテーマで当館の収蔵作品を紹介するコレクション展。今回は、山元春挙やボナールらの国内外の名品とともに、シュルレアリスムの作家マッタを特集し紹介します。また、郷土作家による春の息吹を感じさせる作品や、生誕110年を迎える瑛九の作品を紹介します。観覧無料です。

第1期コレクション展

1

  • 会期:4月10日(土曜日)~6月22日(火曜日)
  • 休館日:会期中の月曜日(祝休日を除く)、祝休日の翌平日、5月13日(木曜日)~19日(水曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2

  • 宮崎県立美術館1コレクション展示室1・2・3、2レクション展示室4

3

宮崎県立美術館の収蔵作品を次の5つのテーマで紹介します。

名品セレクション-緻密な版画

山元春挙やボナールなど国内外の名品や、柄澤齊や小林敬生ら国内作家による緻密な版画作品を紹介します。

宮崎の美術-春の息吹

宮崎県を代表する山内多聞や塩月桃甫などの作品とともに、春の風景や花々を描いた岩下資治や中澤弘光の作品を紹介します。

生誕110年ベルト・マッタ

今年生誕110年を迎えるシュルレアリスムの作家・ロベルト・マッタの油彩や版画をまとめて紹介します。

瑛九の言葉

生誕110年を迎える瑛九。新聞などで公表されたものから私信まで、様々な年代の瑛九の言葉を、同時期の作品とともに紹介します。

形へのアプローチ

作家がテーマの形に迫るための発想やその背景にある考えなどに着目し、バルラ、アルプ、ポモドーロによる抽象彫刻を紹介します。

4ギャラリートーク

日時 テーマ 場所

4月18日(日曜日)午後2時~

国内外の名品ーロベルト・マッタを中心に 展示室1,2

5月3日(月曜日)午後2時~

瑛九の言葉 展示室3
  • 各回30分程度

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp