トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 特別展「本城直季(un)real utopia」の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

特別展「本城直季(un)real utopia」の開催について

国文祭・芸文祭みやざき2020(特別応援プログラム)

大判カメラの「アオリ」と呼ばれるレンズ操作を用いて、都市の姿をジオラマのように撮影する独特の表現で知られる写真家・本城直季。
まるでミニチュアの世界のような感覚を想起させる作品は、この世界の実在と虚構を問いかけます。同時に、“まち”や“ひと”を被写体とした作品からは、人間の営みへの作家の温かく愛おしげな眼差しを感じることもできるでしょう。
本展は、2006年に第32回木村伊兵衛写真賞を受賞した「small planet」シリーズをはじめ、アフリカのサバンナを切り取った初公開シリーズ「kenya」や、住宅街の路地裏で長時間露光によって撮影された「LIGHT HOUSE」など約200点の作品を紹介。本城直季初の大規模個展として、これまでの仕事を通覧します。
加えて本展では、宮崎県を被写体とした本展のための特別な撮り下ろし作品も展示。写真家・本城直季の目を通して見る私たちの“まち”の不思議をぜひご堪能ください。

本城展チラシ表

本城展チラシ裏

1期間

  • 期:令和3年7月31日(土曜日)~9月5日(日曜日)
  • 休館日:月曜日(8月9日を除く)、8月10日(火曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2会場

  • 宮崎県立美術館2階企画展示室

3観覧料

一般800(700)円/小中高生500(400)円

  • ()内は20名以上の団体、全教互会員カード、JAFカード、SD(セーフドライバー)カードをご提示の方(提示者含め5名まで)、ちらし等割引券ご利用の方
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示の方、本人とその介護同伴者1名は無料

4関連イベント

本城直季によるアーティスト・トーク(参加無料)

  • 日時:7月31日(土曜日)午後2時~午後3時
  • 会場:2階アートフォーラム
  • 申込:7月1日(木曜日)電話受付(先着順)電話0985-20-3792
  • 定員:50名

ワークショップ:本城さんの写真に写ろう!(参加無料)

大判カメラを使用して本城さんが皆さんの姿を撮影します。ミニチュアのような作品世界に入り
んでみましょう。(雨天決行、荒天中止)

  • 日時:8月22日(日曜日)午後2時30分~午後4時30分
  • 会場:1階アートホール集合、総合文化公園内
  • 申込:7月20日(火曜日)電話受付(先着順)
  • 定員:20名

学芸員によるギャラリートーク(要観覧券)

  • 日時:8月8日(日曜日・祝)、8月14日(土曜日)、8月29日(日曜日)午後2時~午後2時30分
  • 会場:2階企画展示室
  • 申込:当日30分前から、会場前2階アートフォーラムにて受付(先着順)
  • 定員:30名

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp