トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > その他 > 南部福祉こどもセンター

ここから本文です。

更新日:2020年9月18日

南部福祉こどもセンター

 南部福祉こどもセンターとは

さまざまな家庭やこどもの問題への対応を充実するため、従来の「北・西諸県福祉事務所」「都城児童相談所」
「知的障がい者更生相談所都城支所」の機能を統合した、福祉に関する総合的な相談・支援機関です。

南部福祉こどもセンター写真

 主な業務内容

総務課

  • 母子及び父子並びに寡婦の福祉に関すること
  • 障がい者及び高齢者の福祉に関すること
  • 青少年の健全育成に関すること
  • 南部福祉こどもセンターの総務事務に関すること

担当地域:都城市・小林市・えびの市・三股町・高原町

注意:「社会福祉施設等の指導監査に関すること」については、平成29年4月から本庁の指導監査・援護課に業務が集約されました。

生活福祉課

  • 生活保護に関すること
  • 生活困窮者自立支援制度に関すること
  • 民生委員・児童委員に関すること

担当地区:三股町・高原町

こども福祉課

  • 子どもや家庭の相談に関すること
  • 子どもの一時保護に関すること
  • 里親に関すること
  • 知的障がい者の相談に関すること

担当地域:都城市・小林市・串間市・えびの市・三股町・高原町

 相談にあたって

相談方法

センターに来所していただくほか、電話での相談にも応じています。来所による相談を希望される場合は、できるだけ予約してください。

所在地:〒885-0017都城市年見町14の1の1

  • 総務課
    電話番号:0986-23-4520
  • 生活福祉課
    電話番号:0986-23-4520
  • こども福祉課
    電話番号:0986-22-4294
  • FAX(共通):0986-21-0047


大きな地図で見る

相談時間

午前8時30分から午後5時15分です。

土曜日・日曜日・祝日・年末年始はお休みです。

注意:子ども虐待などの緊急の場合は、いつでも受け付けます。

その他

相談の秘密は守ります。

相談にかかる費用は無料です。

注意:相談内容によっては、お住まいの市町村が窓口となる場合があります。

 このような相談をお受けします

相談内容

一時保護

家庭の事情や子ども自身の状態に応じて子どもを短期間お預かりする場合があります。

 その他

子どもに関する相談は身近な市町村でも受けられます。

虐待ではないかな?と思ったら

相談・通告は子どもを守るために必要です!

子どもへの虐待が疑われる場合、地域の民生委員・児童委員、市町村、福祉こどもセンターなどに相談・通告ください。

電話での相談事について

子育てやしつけに関する電話での相談をお受けします。

お問い合わせ

南部福祉こどもセンター
〒885-0017都城市年見町14の1の1
電話:0986-23-4520
FAX:0986-21-0047