トップ > 暮らし・教育 > 動物愛護 > 動物由来感染症 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う狂犬病予防注射月間の緩和について

ここから本文です。

更新日:2020年6月18日

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う狂犬病予防注射月間の緩和について

狂犬病予防法では、狂犬病のまん延を防止するため、犬の飼い主さんに、飼い犬の登録・飼い犬への狂犬病予防注射の実施と、飼い犬への鑑札・注射済票の装着を義務づけています。
毎年4月から6月までは狂犬病予防注射月間となっており、犬の飼い主さんは、この期間に飼い犬へ狂犬病予防注射を受けさせなければいけません。しかしながら、今般の新型コロナウイルス感染症の発生及びまん延の影響により、飼い犬への狂犬病予防注射をこの期間に受けさせることが困難な犬の飼い主さんもいることから、狂犬病予防注射の期間が令和2年12月31日までに緩和されました。犬の飼い主さんは、この期間内に飼い犬への狂犬病予防注射の実施をお願いします。

狂犬病予防注射月間について

宮崎県HP「毎年4月から6月までは狂犬病予防注射月間です!」へリンク

お問い合わせ

福祉保健部衛生管理課乳肉衛生担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-84-2600

ファクス:0985-84-2577

メールアドレス:doubutsuaigo-c@pref.miyazaki.lg.jp