トップ > 暮らし・教育 > 動物愛護 > 動物愛護 > 特定動物に係る規制が変更になります

ここから本文です。

更新日:2020年3月30日

特定動物に係る規制が変更になります

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、令和2年6月1日以降は、特定動物に係る規制が以下のように変更になります。手続きが必要な場合もありますので、詳しくは管轄の保健所または動物愛護センターにお問い合わせ下さい

1.特定動物に交雑種を追加(改正法第25条の2関係)

特定動物の対象に、特定動物が交雑して生じた動物も加わります。現在、特定動物の交雑種を飼育している方は、令和2年5月末日までに知事の許可を受ける必要がありますので、管轄の保健所または動物愛護センターにお問い合わせ下さい

(1)両親がともに特定動物の場合

特定動物同士が交配して生まれた子も、特定動物となります。

(2)親のどちらか一方が特定動物の場合

特定動物と特定動物以外の動物が交配して生まれた子も、特定動物となります。

(3)両親がともに特定動物の交雑種の場合

交雑種同士が交配して生まれた子は、特定動物ではありません。

2.愛玩目的での飼養等の禁止(改正法第25条の2関係)

特定動物の愛玩目的での飼養又は保管が禁止されます。令和2年5月末日までに愛玩目的での飼養・保管許可をお持ちの方は、飼養・保管をしている個体に限り、飼養の継続が可能です。

3.申請手続き等

令和2年6月からは、新規での愛玩を目的とする特定動物の飼養許可申請はできなくなります。令和2年5月末日までに、許可証の受取及び施設への動物の搬入を完了させる必要があります。申請手続きには時間がかかりますので、余裕をもって手続きをお願いします。

お問い合わせ

福祉保健部衛生管理課乳肉衛生担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-84-2600

ファクス:0985-84-2577

メールアドレス:doubutsuaigo-c@pref.miyazaki.lg.jp