トップ > 健康・福祉 > 社会福祉 > 地域福祉 > 保健所運営協議会 > 平成30年度宮崎県都城保健所運営協議会の議事概要を公開します

ここから本文です。

更新日:2018年8月28日

平成30年度宮崎県都城保健所運営協議会の議事概要を公開します

1開催日時

平成30年7月25日(水曜日)午後2時から午後3時10分まで

2場所

  • 都城保健所目的室

3出席者

(1)委員

猪ヶ倉委員、梅元委員、落合委員、木佐貫委員、相良委員、瀬口委員、田口委員、天神委員、永井委員、福永委員、松尾委員、宮田委員
その他(オブザーバー)3名

(2)事務局

所長、総括次長、技術次長兼健康づくり課長、総務企画課長、衛生環境課長、総務企画担当主幹、健康管理担当副主幹、疾病対策担当主幹、衛生担当副主幹、環境対策担当副主幹、監視指導担当副主幹、各関係課職員

4議題

  • (1)都城保健所の主な取組について
    1. 第7次宮崎県医療計画について
    2. ベジ活推進事業について~健康長寿日本一をめざして~
    3. 自殺未遂者支援について
    4. 健康食品の表示に関する監視指導について
  • (2)その他

5議事要旨

題(1)については、各課長、担当リーダーにより説明を行なった。

議題(1)城保健所の主な取組について

1.第7次宮崎県医療計画について

  • (委員)
    宮崎市では県立病院が新築され、宮崎市郡医師会病院が移転するとのことで、医療資源が宮崎市だけに特化している。若い医師の中には、設備の充実した医療機関で研修したい。医療を学びたい。スキルアップしたいという人が出てくると思う。医師確保のために都城市にも医療機器や施設を充実させる支援をいただきたい。医師会としても努力している。一つ一つを積み重ねながらぎりぎりでしている。
    都城市郡医師会病院が一番の拠点病院に必要な施設としての機能を持つように支援をいただきたい。
  • (事務局)
    県西地区に県立病院がないのは、おそらく古い歴史があり、今のような状況になっていると思う。それぞれの医療圏でできることをやっていかなければならない。県立病院を作ることは非現実的であるので、現実の中で皆様の意見を聞きながら最大限できることをしていかなければならない。どういう方法がいいのか聞かせていただいた意見を福祉保健部に伝えたい。また、それぞれの関係団体を通じて伝えていただきたい。
    いろいろな要望があると思うので協力し合っていけたらと思う。以前から言われているように非常に大きな問題と理解しており一気に解決しないと思う。
  • (委員)
    救急車は早く到着するが家の前で30分から40分止まっていてなかなか出発しない。なぜだろうと思っていると受け入れる病院がないということである。受け入れる病院がない理由及び対応策についてお聞きしたい。
  • (事務局)
    市消防局の管轄であるが、私は、消防局が主催するメディカルコントロール協議会の委員であり、委員会でもこのことについて協議はしているのでお話したい。都城市の場合、受け入れ先医療機関が見つかりにくいという例は比較的少ないのでは。しかし、まれにいくつかの医療機関が偶然専門の医師がいないため見つからず救急車が出発できない時や、都城市郡医師会病院に受け入れが重なっているとこういったことが生じる可能性は確かにある。
    そういうことがないように協議会を年2回開催し、なかなか簡単に処理できないが解決に向けて協議していることを御理解いただきたい。

3.自殺未遂者支援について

  • (委員)
    ゲートキーパー養成研修の管轄はどこか。
  • (事務局)
    保健所が実施している理美容師講習会の機会を捉え、うつ病に早期に気づいたり、傾聴について講話を行い、21施設が協力店として登録していただき、保健所で管理している。
  • (委員)
    自殺者の特徴である「生活困窮者」には、生活保護受給者が入っているのか。
  • (事務局)
    生活困窮者に生活保護受給者が含まれているかはわからない。失業し、生活苦となる方もいることから、おそらく生活保護受給者も含まれるものと考える。
  • (委員)
    生活困窮者は、仕事に就かれているのか。
  • (事務局)
    生活困窮者が仕事に就かれているかは不明である。

4.健康食品の表示に関する監視指導について

  • (委員)
    平成30年度の取組の「6次産業推進機関との連携」に消費生活センターを追加してほしい。
  • (事務局)
    この取組は、これから生産・販売される6次産業事業者に事前に正しい知識を持ってもらうためのものであるため、6次産業を推進する商工会等と連携し注意事項を周知することとしている。
    消費生活センターは、県の機関であるため従来より連携している。

6

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県都城保健所総務企画課
電話番号:0986-23-4504
ファクス番号:0986-23-0551
メールアドレス:miyakonojo-hc@pref.miyazaki.lg.jp