トップ > 県政情報 > 広報・広聴 > 県広報その他 > 新型コロナウイルス感染症に関する状況と今後の方向性(令和2年4月15日)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年4月15日

新型コロナウイルス感染症に関する状況と今後の方向性(令和2年4月15日)

現状と課題

感染状況

詳細は関連資料の別紙1~3をご覧ください。

  • 3月4日に1例目が発生して以降、特に4月に入って感染確認が続き、PCR検査数も急増。累積感染者数は17名で、居住地は宮崎市が最も多く、延岡市、日南市、高千穂町でも発生。
  • これまでの感染事例は、すべて東京都など国の緊急事態宣言の対象地域や海外の滞在歴がある方及びその接触者。(感染経路が不明な事例や感染集団(クラスター)の発生は確認されていない)

課題

  • 国内では都市部を中心に感染者が急増しており、こうした地域からのウイルスの持ち込みによる感染防止を徹底するとともに、県内における感染集団(クラスター)の発生を阻止。
  • 感染者の急増による医療現場のひっ迫を防ぎ、医療提供体制を確保。
  • 感染者や関係者のプライバシー尊重や心のケア、対策に携わる医療関係者等も含めた人権への配慮、ご尽力いただいている方々への理解や感謝の気持ちの醸成。
  • 対策の長期化に伴い、外出を自粛する方々の心のケアや、二次健康被害、DV、虐待等の発生防止にも十分な配慮が必要。
  • SNSなどインターネット上での誤った情報やデマの拡散、生活必需品の買占め等の混乱を防止。
  • 日銀宮崎事務所が発表した4月の金融経済概況によると、「宮崎県の景気は、新型コロナウイルス感染症の拡大などの影響により、このところ弱い動きになっている」とされている。

主な対応状況

詳細は関連資料の別紙4をご覧ください。

今後の方向性

感染対策等

感染拡大防止策

  • 県民の命と健康を守るため、「感染拡大防止強化月間」にあたり、改めて「感染しない」「うつさない」、ウイルスを持ち込ませない、感染の連鎖をつくらない対策を徹底。
  • 今後は、感染状況を見極め、県としての必要な対応や要請の強化を検討(イベント等や公の施設、県立学校の取扱い、来県自粛、外出自粛等)。

医療提供体制の確保

  • 関係機関の連携を図り、医療従事者や必要な物資、資材等の確保。
  • 感染者数の急増に備え、感染症病床数及び軽症者の宿泊施設等のさらなる確保。

その他

  • 県精神保健福祉センターによる「心のケア」や、関係機関と連携した人権相談、啓発等。
  • 県内外の感染状況や感染防止対策、医療提供体制の状況等について、適時適切に情報提供。

経済対策等

国の緊急経済対策(令和2年度補正予算)に呼応し、県内経済の厳しい状況を踏まえ、次の4つの柱に基づいて具体的な事業を実施。

  1. 感染拡大防止策と医療体制の整備
  2. 雇用維持と事業継続のための支援強化(セーフティーネット)
  3. 官民を挙げた経済活動の復興・活性化
  4. 将来を見据えた取組

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部福祉保健課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7074

ファクス:0985-26-7326

メールアドレス:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp