トップ > くらし・健康・福祉 > 社会福祉 > 地域福祉 > 保健所運営協議会 > 令和3年度日向保健所運営協議会の議事概要を公開します

掲載開始日:2021年9月27日更新日:2021年9月27日

ここから本文です。

令和3年度日向保健所運営協議会の議事概要を公開します

1開催日時

令和3年7月30日(金曜日)午後1時30分から午後3時まで

2場所

  • 日向保健所2階目的ホール

3出席者

(1)委員

屋委員、安田委員、西川委員、垂水委員、千代反田委員、田村委員、日高委員、黒木(知)委員、黒木(廣)委員、甲斐委員、水永委員、池田委員、新名(恵)委員、黒木(眞)委員、安倍委員

(2)事務局

所長、次長、総務企画課長、健康づくり課長、衛生環境課長、各関係課担当リーダー4名、延岡保健所衛生環境課監視指導担当リーダー、総務企画課医療担当職員

4議題

  1. 新型コロナウイルス感染症について
  2. 糖尿病対策・健康経営について
  3. 改正食品衛生法の施行について
  4. 改正大気汚染防止法(アスベスト関連)の施行について

5議事要旨

事務局より議題1、2、3、4について説明を行い、次のような質疑・意見があった。

議題1新型コロナウイルス感染症について

(委員)
新型コロナに係る高齢者、障がい者で単身で暮らす方に対する対応だが、熱発したとか濃厚接触者となった場合、単独では公共交通機関が使えない。
4月の日向のクラスターの時に、視覚障がい者の方が一斉検査の対象となったが、保健所と社会福祉協議会との調整で無事検査して異常なかった。
本人がタクシー会社に電話しても、罹患の疑いがある以上会社は良いというが運転手が難しいと言われ利用出来なかった。
保健所の検体の一斉採取は特別だと伺ったが、平成28年に施行された障がい者差別解消法の合理的配慮ではないのかと思い保健所に事前質問をした。
また、7月の上旬に日向地区の鍼灸マッサージ師会と視覚障がい者福祉会と合同で研修をする予定だったが、デルタ株の懸念もあり今回は取りやめた。
各事業所で感染防止対策は取っているようだが、感染者が増加した時には、高齢者や障がい者が療養施設も含めてバリアフリーの施設や受け入れ先が在るのかと思い質問してみた。

(事務局)
保健所では、例えば一人暮らしとか交通手段がない(自由が利かない方)とか等いろいろなお立場の方、特性のある方に対しては、個別に話し合いをさせていただきながら検査等をおこなっている。
保健所としては、検体の一斉採取について特別というつもりではなく、いろいろなお立場の方について個々の事情より、それぞれ適切に対応していくつもりである。
また、各業種の皆さんにおかれては、国の業務に対する感染対策のガイドライン等に準じ、しっかりと感染対策をしていただいていると考えている。

(委員)
新型コロナとありますが、前には旧型コロナがあったのか。もしあったとしたら、その時にはどう対処したのか。

(事務局)
コロナウィルスというのは基本的には通常の風邪のウィルスで、元々存在している普通のウィルスの一つだった。
RNAウィルスといって割と変異をし易いタイプのウィルスになっている。
人間が免疫を持っていない形に変異してしまったり、人が肺炎を起こしやすくなったり、違う症状を起こし易くなる性質を持ってしまったりとかして新型コロナウィルスとなっている。
前にもSARSウィルスMARSウィルスというのが出て来たのを御記憶かと思うが、あれもコロナウィルスの一種で、今後も新型の新興感染症が出てくることを考えると、保健所としては、この機会に感染対策を皆さんに浸透させて日頃から感染に強い街づくりをしていけたらと考えている。

(委員)
保健所は昨年の1月から感染状況の厳しい中お仕事されて大変な日々を過ごされている。また日向市は、県内でも抑えられている所だと思っておりそれらを含めて日々の業務に敬意を表したいと思う。
この場での質問で良いのか分からないが、医療機関も感染対策にはかなり気を遣っている。
先ず1点は、濃厚接触者・接触者が会社内、組織で出た場合、接触者の範囲というのは、その組織全部をいうのか、それとも濃厚でない者を接触者というのかという点。
そして2点目は、感染は飛沫だとか接触伝播の感染経路その2つでおきると思うが、接触伝播には分かりづらいものある。そこで接触者の範囲というのはどういうものかについても教えて欲しい。

(事務局)
接触者の範囲については、例えば事業所の図面を取り寄せて構造を見たり、換気の状態を伺ったり、配席図を見たり、消毒の状況やパーティションの有無を確認し、あとは一緒に過ごした時間、それから陽性者の意見のみではなく接触者の意見も合わせて聴くなど総合的に勘案をしながら決定しているところである。

(委員)
例えば介護施設とか医療機関にご家族や子弟が勤務されている場合に保健所の方から職場の方に連絡するよう指導が徹底されているということで安心した。
是非患者さんと関わる事業所に速やかに情報として、個人の特定は必要はないので接触・濃厚接触があったと連絡いただければ、我々も感染防止を企てて行きたい。

6

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県日向保健所総務企画課
電話番号:0982-52-5101
ファクス番号:0982-52-5104
メールアドレス:hyuga-hc@pref.miyazaki.lg.jp