トップ > 社会基盤 > 公共事業 > 公共事業評価 > 事前評価 > 平成29年度事前評価の結果

ここから本文です。

更新日:2018年5月29日

平成29年度事前評価の結果

1.評価の対象

  • 環境森林部:
    全体事業費が2億円以上のもの
  • 農政水産部:
    全体事業費が5億円以上のもの
  • 県土整備部:
    全体事業費が5億円以上のもの
    (災害復旧事業など緊急を要する事業、維持管理に係る事業を除く)

2.評価の方法

  • 宮崎県公共事業事前評価実施要綱

3.評価結果

成29年度事前評価の結果、次の事業については、評価の内容及び方針は適当であると認められました。
なお、総事業費が10億円を越えているものについては、宮崎県公共事業評価委員会に諮問しています。

平成29年度事前評価箇所一覧

担当部局

事業名

市町村名

箇所名

事業化の状況

農政水産部

畑地帯総合整備事業

川南町

西光原・国光原2期地区(PDF:233KB)

平成30年

畑地帯総合整備事業

えびの市

大河平2期地区(PDF:202KB)

平成30年

畑地帯総合整備事業

えびの市

苧畑1期地区(PDF:244KB)

平成30年

畑地帯総合整備事業

宮崎市

桃ノ木原地区(PDF:568KB)

平成30年

畑地帯総合整備事業

小林市

入佐第1-2地区(PDF:249KB)

平成30年

経営体育成基盤整備事業

小林市

野尻原1期地区(PDF:1,660KB)

平成30年

県土整備部

道路事業

都城市

高城山田線王子橋・志和池工区(PDF:81KB)

平成30年

河川事業

延岡市

浦上川(PDF:190KB)

平成30年

4.シート得点とランク

重要度に関する評価から得られた評価結果(総合点)に応じて、重要度ランクを設定します。

80点以上 1 優先的に整備を実施する箇所
79点~60点 2 計画的に整備を実施する箇所
60点未満 3 整備手法を検討する箇所

5.費用対効果(B/C)

業効率の評価は、受益者(利用者等)の便益(効果を貨幣換算したもの(B))と事業の費用(初期投資額や維持管理費等(C))との比、すなわち費用対効果(B/C)により評価します。

規事業として実施する場合の判断基準は、原則としてB/Cを1以上としています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部技術企画課技術調整担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7178

ファクス:0985-26-7313

メールアドレス:gijutsukikaku@pref.miyazaki.lg.jp