トップ > 社会基盤 > 公共事業 > 公共事業評価 > 再評価 > 平成23年度の審議状況

ここから本文です。

更新日:2011年3月9日

平成23年度の審議状況

番号 審議月日 事業名 市町村名 箇所名 対象選定理由 審議結果 特記事項
1 平成23年11月21日(月曜日) 交通円滑化事業 宮崎市 国道219号広瀬バイパス 5. 継続  
2 水産流通基盤整備事業 川南町 川南漁港 2. 継続  
3 水産流通基盤整備事業 日南市 油津漁港 2. 継続  
4 平成23年12月20日(火曜日) 水産流通基盤整備事業 延岡市 島野浦漁港 2. 継続  
5 水産流通基盤整備事業 延岡市 北浦漁港 2. 継続  
6 水産流通基盤整備事業 日南市 目井津漁港 2. 継続  
7 平成24年1月24日(火曜日) 港湾改修(重要)事業 日南市 油津港東地区 4. 継続  
8 広域河川改修事業 日南市 二級河川広渡川水系広渡川 4. 継続  
9 総合流域防災事業(大淀川圏域) 都城市 一級河川大淀川水系花の木川 4. 継続  
10 総合流域防災事業(大淀川圏域) 串間市 二級河川福島川水系天神川 2. 継続  
11 平成24年2月22日(水曜日) 社会資本整備総合交付金 高鍋町 都市計画道路蚊口高月線中央通工区 2. 継続  
12 社会資本整備総合交付金 えびの市 国道447号真幸バイパス 2. 継続 変更計画策定時に再審議
13 社会資本整備総合交付金 国富町 県道木脇高岡線大田原工区 4. 継続  
14 社会資本整備総合交付金 宮崎市 県道木脇高岡線宮王丸工区 4. 継続  

【対象選定理由】

  1. 事業採択前の準備・計画段階にある公共事業で5年間を経過するもの
  2. 事業採択後10年を経過する公共事
  3. 事業採択後5年を経過する時点で着工できないことが明らかな公共事業
  4. 再評価実施後5年(下水道事業にあっては10年)を経過した時点で継続中又は未着工の事業(一部供用事業を含む。)
  5. 前1から4号の規定にかかわらず、国において再評価の対象要件が示された国庫補助事業については、再評価を実施する必要があると認める公共事業
  6. 社会経済情勢の変化等により再評価を実施する必要があると認められる公共事業6

お問い合わせ

県土整備部技術企画課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7178

ファクス:0985-26-7313

メールアドレス:gijutsukikaku@pref.miyazaki.lg.jp