トップ > しごと・産業 > 水産業 > 漁業・資源管理 > 宮崎県資源管理方針の策定について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年12月2日

宮崎県資源管理方針の策定について

宮崎県資源管理方針を策定し、令和2年12月1日に施行することをお知らせします。

宮崎県資源管理方針とは、特定水産資源(TAC魚種:まいわし、まあじ、くろまぐろ)の知事管理区分(漁業種類)毎の配分の基準や管理の手法を規定しているほか、その他の魚種について、資源管理の方向性や具体的な管理方策を示すもので、県や漁業者はこの方針に基づいて、特定水産資源のTAC管理の実施や水産資源の管理協定の締結と実行により、水産資源の持続的な利用と漁業生産の最大化を図ることとしています。

策定の背景

今回の方針策定の背景は、以下のとおりです。

  1. これまで、宮崎県では「海洋生物資源の保存及び管理に関する法律」(以下「TAC法」という。)に基づき、「海洋生物資源の保存及び管理に関する計画」(以下「TAC県計画」という。)を策定し、TAC魚種の管理を行なってきたほか、その他の魚種については、資源管理の方向性や具体的な管理方策を内容とした「宮崎県資源管理指針」を策定し、漁業者が資源管理を計画・実践してきました。
  2. 令和2年12月1日に施行される改正漁業法は、TAC法を含んだ形で改正されており、それに伴いTAC県計画と資源管理指針を統合し、新たに「宮崎県資源管理方針」として策定したものです。

策定の内容

国の基本方針に基づき、特定水産資源の知事管理区分毎の配分の基準や管理の手法を規定しています。

備考:方針は、下記よりダウンロードできます。

その他

  1. 今後、その他魚種における自主的な資源管理の考え方や方向性についても資源管理方針に定め、それを基に漁業種類毎に「資源管理協定」を締結し、その履行が収入安定対策の要件となります。
  2. 現行の資源管理指針・計画体制は、資源管理方針・資源管理協定へと移行し、移行完了後(令和5年までに移行)に廃止されます。
  3. 特定水産資源(まさば及びごまさば)については、令和3年漁期開始(令和3年7月~)までに策定します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部水産政策課漁業・資源管理室資源管理担当 担当者名:溝口

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7146

ファクス:0985-26-7309

メールアドレス:gyogyo-shigen@pref.miyazaki.lg.jp