トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 港湾・漁港利用 > 南浦漁港においてプレジャーボート放置等禁止区域を設定しました

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2009年10月16日

南浦漁港においてプレジャーボート放置等禁止区域を設定しました

漁港漁場整備法に基づき、第2種南浦漁港において、「放置等禁止区域」を設定しました。これにより、漁船を除く船舶をみだりに放置できなくなります。
(注意)みだりに放置とは…「みだりに」とは正当な権限又は正当な理由がないこと、「放置」とはすぐに動かすことができない状態のことをいいます。

放置等禁止区域とは

漁港漁場整備法第39条第5項により、みだりに船舶その他漁港管理者が指定したものを捨て、又は放置することを禁止する区域のことです。
社会問題化しているプレジャーボートの放置や投棄に関する規制を強化し、いわゆる放置艇に対し漁港管理者が適正な措置を講ずることを可能とするものです。

【漁港漁場整備法第39条第5項】

何人も、漁港の区域(第二号及び第三号にあつては、漁港施設の利用、配置その他の状況により、漁港の保全上特に必要があると認めて漁港管理者が指定した区域に限る。)内において、みだりに次に掲げる行為をしてはならない。

  • 基本施設である漁港施設を損傷し、又は汚損すること。
  • 船舶、自動車その他の物件で漁港管理者が指定したものを捨て、又は放置すること。
  • その他漁港の保全に著しい支障を及ぼすおそれのある行為で政令で定めるものを行うこと。

南浦漁港の経緯

海洋性レジャーの高まりに伴い、プレジャーボートが増加し、係留・保管施設の不足等から、漁港内の無断係留による漁業者とのトラブルが発生しています。
そこで、県では、平成19年3月に、規制と係留場所の確保を主眼とする「宮崎県プレジャーボート対策基本方針」を策定し、これに基づき各水域毎に対策を実施しているところです。
プレジャーボートを係留する施設については、遊休化している既存の係留施設の有効利用を基本としていますが、民間等の整備による確保が可能な場合は水域等の開放を検討することとしていました。
このような中、延岡市漁業協同組合において、前述のような問題解決並びに地域振興につなげるために、積極的に遊漁者との話し合いを重ね、南浦漁港浦城湾にプレジャーボート用専用施設整備を計画し、平成21年5月末に完成しました。なお、施設については、国の補助事業である「強い水産業づくり交付金事業」により整備されました。

プレジャーボート用専用係留施設に関するお問い合わせは、直接延岡市漁業協同組合浦城支所(電話:0982-43-0473)までお問い合わせください。

浦城湾におけるプレジャーボート係留の様子

南浦漁港の放置等禁止区域

延岡市漁業協同組合のプレジャーボート用専用係留施設が完成したため、浦城湾全体を「放置等禁止区域」に設定し、規制を開始しました。
規制対象物件は「漁船を除く船舶」で、これら船舶は、漁港管理者の許可を受けなければ浦城湾に係留することはできません。
なお、現地には看板を設置し、周知しているところです。

(参考)宮崎の漁港

宮崎県には23の漁港が存在し、すべてが県管理の漁港です。
漁港はその利用範囲に応じて第1種~第4種漁港に分けられ、今回の南浦漁港は、第2種漁港にあたります。
南浦漁港の位置は次の図のとおりです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部漁村振興課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7148

ファクス:0985-26-7310

メールアドレス:gyoson-shinko@pref.miyazaki.lg.jp