トップ > 健康・福祉 > 医療 > 地域医療対策 > 医療介護総合確保促進法に基づく宮崎県計画について

ここから本文です。

更新日:2015年1月13日

医療介護総合確保促進法に基づく宮崎県計画について

団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて医療・介護サービス提供体制の改革を推進していく必要があることから、平成26年6月に「医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律(医療介護総合確保促進法)」が改正され、各都道府県に消費税増収分を財源とした「地域医療介護総合確保基金」を設置し、毎年度各都道府県が策定した計画に基づき事業を実施していくこととなりました。

地域医療介護総合確保基金の概要(PDF:106KB)

これを受けて策定した本県計画を以下のとおり公表いたします。

平成26年度計画(平成26年10月策定、平成26年12月県議会において予算案議決)

平成26年度宮崎県計画(PDF:358KB)

平成26年度宮崎県計画(概要版)(PDF:195KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課医療体制担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7451

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:iryoyakumu@pref.miyazaki.lg.jp