トップ > 健康・福祉 > 医療 > 地域医療対策 > 子ども救急医療電話相談(#8000)について

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

子ども救急医療電話相談(#8000)について

宮崎県では、夜間、小児救急患者の保護者等からの電話による相談窓口を設置しています。

「小児救急医療電話相談」は、平成31年4月1日から「子ども救急医療電話相談」に呼称を変更しました。電話番号、短縮ダイヤル及び相談時間帯の変更はありません。

事業の内容

利用できる時間帯

(イラスト)3人家族

毎日午後7時から翌朝午前8時まで

注意:小児科医の支援体制のもとに看護師が相談に応じます。

相談電話番号

  • 短縮ダイヤル(NTTのプッシュ回線、携帯電話)#8000
  • ダイヤル回線・IP電話:0985-35-8855

注意:相談料は無料です。ただし通話料は利用者負担となります。

相談対象者

県内に住む15歳未満の子ども及びその保護者

こんな時にご利用ください

(イラスト)泣いてる赤ちゃん

夜間の子どもの急病時、病院へ行なった方が良いかどうか、判断に迷った時にご利用ください。

利用上のご注意

(イラスト)助け合い

  • 子ども救急医療電話相談は診断や治療を行うものではありません。あくまでも相談される方のご判断の参考としていただくものです。
  • 専用回線は2回線用意しておりますが、話し中の場合は、恐れ入りますが、少し時間をおいておかけ直しください。
  • 保護者の目から見て、明らかに緊急を要する急病の場合は、119番をご利用ください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課医療体制担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7451

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:iryoyakumu@pref.miyazaki.lg.jp