トップ > 県政情報 > 採用・資格・試験・募集 > 採用 > 令和3年度 > 宮崎県職員採用試験制度の変更について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年2月25日

宮崎県職員採用試験制度の変更について

令和3年度から宮崎県職員採用試験が大きく変わります。変更点は、(1)~(5)に記載のとおりです。

詳細につきましては、こちらの資料もご覧ください。

(1)SPI3試験について

第1次試験の「SPI3」試験は、全国47都道府県に設置されるテストセンターまたは宮崎県庁で受験できます。
「SPI3」試験の受験申込に際しては、エントリーシートの提出が必要です。

(2)一般行政(社会人)について

社会人の受験年齢の上限を令和3年4月1日時点で「39歳以下」に引き上げます。

(3)大学卒業程度(技術系職種)、保健師採用試験について

6月に実施していた第1次試験を4月から実施し、「SPI3」を使用します(6月に実施する試験は、一般行政、警察事務のみになります。)。
専門試験は、第2次試験として6月に実施します。

(4)社会人を対象とする採用試験(技術系職種)について

  1. 受験年齢の上限を令和3年4月1日時点で「39歳以下」に引き上げます。
  2. 6月に実施していた第1次試験を4月から実施し、「SPI3」を使用します。
    専門試験は、第2次試験として6月に実施します。
  3. 機械、農業土木を新たに募集します。

(5)警察官採用試験A・Bについて

ITパスポート等の国家試験に合格している方を対象とした「情報工学」の区分試験を新設します。

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

人事委員会事務局総務課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7259

ファクス:0985-32-4450

メールアドレス:jinji-somu@pref.miyazaki.lg.jp