トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 産業廃棄物 > 廃水銀等、水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等の取扱いについて

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年9月25日

廃水銀等、水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等の取扱いについて

平成25年10月の「水銀に関する水俣条約」の採択等を受けて、廃棄物処理法施行令等の一部改正が行われ、水銀廃棄物に関する規制が強化されました。

改正経緯等

環境省報道発表資料(平成27年11月6日)

環境省報道発表資料(平成27年12月21日)

環境省報道発表資料(平成29年6月9日)

改正の概要

  • 廃水銀及び廃水銀化合物(以下「廃水銀等」という。)及び廃水銀等を処分したもののうち一定のものが特別管理一般廃棄物又は特別管理産業廃棄物に指定され、その処理基準及び保管基準が規定されました。
    • (施行日)
      • 収集運搬に係る処理基準及び保管基準:平成28年10月1日
      • 中間処分及び最終処分に係る処理基準:平成29年10月1日
  • 水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等の処理基準が規定されました。
    • (施行日)
      • 平成29年10月1日
  • 廃水銀等の硫化施設が産業廃棄物処理施設として新たに規定されました。
    • (施行日)
      • 平成29年10月1日

【特別管理産業廃棄物】廃水銀等の例

特定施設において生じた廃水銀又は廃水銀化合物

特定施設

廃水銀等の例

一、水銀若しくはその化合物が含まれている物又は水銀使用製品廃棄物から水銀を回収するための施設 回収後に不要となった水銀
二、水銀使用製品の製造の用に供する施設 製造用に保管後不要となった水銀
三、灯台の回転装置が備え付けられた施設 回転装置の水銀が不要となったもの
四水銀を媒体とする測定機器(水銀使用製品を除く。)を有する施設 ポロシメーター
五、国又は地方公共団体の試験研究機関
六、大学及びその附属試験研究機関
七、学術研究又は製品の製造若しくは技術の改良、考案若しくは発明に係る試験研究を行う研究所
八、農業、水産又は工業に関する学科を含む専門教育を行う高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校、職員訓練施設又は職業訓練施設
九、保健所
十、検疫所
十一、動物検疫所
十二、植物防疫所
十三、家畜保健衛生所
十四、検査業に属する施設
十五、商品検査業に属する施設
十六、臨床検査業に属する施設
十七、犯罪鑑識施設
廃試薬等

【普通の産業廃棄物】水銀使用製品産業廃棄物の例

  • 水銀又はその化合物を使用した製品が産業廃棄物になったもの(三を除き、水銀使用の表示の有無によらず対象となります。)
  • 水銀使用製品を材料又は部品として用いて製造される水銀使用製品(表の右の欄に×印のあるものに係るものを除くきます。)が産業廃棄物になったもの
  • 表に無いものでも、水銀使用表示のある水銀使用製品が産業廃棄物になったもの
一、水銀電池  
二、空気亜鉛電池  
三、スイッチ及びリレー(水銀が目視で確認できるものに限る。) ×
四、蛍光ランプ(冷陰極蛍光ランプ及び外部電極蛍光ランプを含む。) ×
五、HIDランプ(高輝度放電ランプ) ×
六、放電ランプ(蛍光ランプ及びHIDランプを除く。) ×
七、農薬  
八、気圧計  
九、温度計  
十、液柱形圧力計  
十一、弾性圧力計(ダイアフラム式のものに限る。) ×
十二、圧力伝送機(ダイアフラム式のものに限る。) ×
十三、真空計 ×
十四、ガラス製温度計  
十五、水銀充満圧力式温度計 ×
十六、水銀体温計  
十七、水銀式血圧計  
十八、温度定点セル  
十九、顔料 ×
二十、ボイラ(二流体サイクルに用いられるものに限る。)  
二十一、灯台の回転装置  
二十二、水銀トリム・ヒール調整装置  
二十三、水銀抵抗原器  
二十四、差圧式流量計  
二十五、傾斜計  
二十六、周波数標準機 ×
二十七、参照電極  
二十八、握力計  
二十九、医薬品  
三十、水銀の製剤  
三十一、塩化第一水銀の製剤  
三十二、塩化第二水銀の製剤  
三十三、よう化第二水銀の製剤  
三十四、硝酸第一水銀の製剤  
三十五、硝酸第一水銀の製剤  
三十六、チオシアン酸第二水銀の製剤  
三十七、酢酸フェニル水銀の製剤  

備考

  • 十九の項に掲げる水銀使用製品は、水銀使用製品に塗布されるものに限り×印に該当する。
 

【普通の産業廃棄物】水銀含有ばいじん等

産業廃棄物の種類

水銀含有ばいじん等の対象

水銀回収義務の対象

燃え殻、鉱さい、ばいじん、汚泥 水銀を15mg/kgを超えて含有 水銀を1,000mg/kg以上含有
廃酸、廃アルカリ 水銀を15mg/Lを超えて含有 水銀を1,000mg/L以上含有

処理基準等取扱いについて

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部循環社会推進課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7083

ファクス:0985-22-9314

メールアドレス:junkansuishin@pref.miyazaki.lg.jp