トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 地球温暖化 > 宮崎県地球温暖化防止活動推進センターの指定について

ここから本文です。

更新日:2019年2月27日

宮崎県地球温暖化防止活動推進センターの指定について

では、地球温暖化対策の推進に関する法律第38条第1項の規定に基づき、県内の一般社団法人、一般財団法人又はNPO法人の中から1団体を宮崎県地球温暖化防止活動推進センター(以下「県センター」という。)に指定するため、指定を希望する団体を応募していました。
集期間内に1つの団体から申請があり、指定委員会において審査を実施した結果、次のとおり県センターを指定することとしましたのでお知らせします。

1.指定団体等

  1. 指定団体
    特定非営利活動法人ひむかおひさまネットワーク
  2. 指定期間
    平成31年4月1日から平成34年3月31日まで
  3. 業務内容
    地球温暖化対策の推進に関する法律第38条第2項に規定する次の業務。
    • (1)地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性について啓発活動及び広報活動を行なうとともに、地球温暖化防止活動推進員及び地球温暖化対策の推進を図るための活動を行なう民間の団体の活動を助けること。
    • (2)日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等のための措置について、照会及び相談に応じ、並びに必要な助言を行なうこと。
    • (3)上記(2)に規定する照会及び相談の実例に即して、日常生活に関する温室効果ガスの排出の実態について調査を行い、当該調査に係る情報及び資料を分析すること。
    • (4)地球温暖化対策の推進を図るための住民の活動を促進するため、上記(3)の規定による分析の結果を、定期的に又は時宜に応じて提供すること。
    • (5)地方公共団体実行計画の達成のために当該都道府県又は指定都市が行なう施策に必要な協力をすること。
    • (6)上記(1)から(5)の事業に附帯する事業。

2.審査について

成31年2月18日(月曜日)に開催しました指定委員会による審査の結果、募集要領の選定基準に照らし合わせ、当該NPO法人が法に掲げられている業務を確実に遂行できる団体であると判断されるため。

  • 選定基準1
    県センターとしての役割を、責任を持って確実に遂行できる組織体制が整備されていること。
    • (1)地球温暖化対策を遂行できる組織体制が整備されていること。
    • (2)経理・会計処理能力や報告書作成などの事務処理能力を有していること。
    • (3)地球温暖化に関する専門的知識を有するスタッフを1名以上配置していること。
  • 選定基準2
    地球温暖化対策の効果が見込まれ、かつ、実施可能な事業計画であること。
    • (1)地球温暖化対策の推進に関する法律第38条第2項に掲げる事業であること。
    • (2)地球温暖化対策として効果が期待できる事業であること。
    • (3)幅広い主体を対象とした事業であること。
    • (4)具体性があり、実施可能な事業であること。
    • (5)地球温暖化防止活動推進員への支援及び活用が図られる事業であること。
  • 選定基準3
    効果的な地球温暖化対策事業を実施するための能力を有していること。
    • (1)十分な専門的能力と経験を有していること。
    • (2)より多くの県民や事業者が参加できる広範なネットワークを有していること。
    • (3)県や市町村等の関係機関との連携を図ること。
  • 選定基準4
    財政基盤が安定していること。
    • (1)安定的な収入や資産等を有し、継続的に事業を実施できること。
    • (2)事業計画を実施するにあたっての財政計画が適正であること。

お問い合わせ

環境森林部環境森林課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7084

ファクス:0985-26-7311

メールアドレス:kankyoshinrin@pref.miyazaki.lg.jp