トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 電力需給・省エネルギー > 宮崎県庁の温室効果ガス排出量の状況(平成29年度)について

ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

宮崎県庁の温室効果ガス排出量の状況(平成29年度)について

崎県庁では、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第21条の規定により策定が義務づけられた地方公共団体実行計画(事務事業編)として、「第4期宮崎県庁地球温暖化対策実行計画」(以下第4期の「実行計画」という。)を平成27年度に策定し、事務・事業によって生じる温室効果ガス排出量の平成32年度までの削減目標を定めています。

この計画を着実に推進するため、「宮崎県庁地球温暖化対策実行計画の推進のための運営要領(エコプラン)」を定めて、全庁を挙げた環境保全活動に組織的、継続的に取り組んでいるところです。

この度、平成29年度の宮崎県庁の温室効果ガス排出量の状況がまとまりましたのでお知らせします。

温室効果ガス排出量の状況

成29年度の宮崎県庁の温室効果ガス排出量は52,515t-CO2でした。

年度と比較すると7.8%の減少となります。

目標との比較

(1)削減目標

成27年度に策定した第4期の実行計画では「平成32年度までに温室効果ガス排出量を10,508t-CO2(平成25年度比16.4%)削減する」と定めています。

(2)達成状況

成29年度の温室効果ガス排出量は、平成25年度(基準年)に比べ18.1%の減少となり、目標を達成することができました。

宮崎県庁の温室効果ガス排出量削減の取組

崎県庁では、一事業者として、温室効果ガス排出量を削減するために以下のような取組を行なっています。

  1. 毎週水曜日を「地球にやさしい行動の日」に設定し、「一斉消灯デー」(原則として午後6時以降は一斉消灯する)や「ノーマイカーデー」(通勤時のマイカー使用及び出張時の公用車使用を控える)に取り組む

  2. 照明の部分点灯や冷暖房運転時の温度の適正管理など、庁舎等の電気・燃料使用量の削減に努める

後も、このような取組をさらに進め、温室効果ガス排出量の削減に取り組んで参ります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部環境森林課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7084

ファクス:0985-26-7311

メールアドレス:kankyoshinrin@pref.miyazaki.lg.jp