トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 感染症対策 > 令和2年度宮崎県蚊媒介感染症対策会議の概要について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年4月6日

令和2年度宮崎県蚊媒介感染症対策会議の概要について

本県では蚊媒介感染症の対策を促進することを目的として、「蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針」(平成27年厚生労働省告示第260号)に基づき、宮崎県蚊媒介感染症対策会議(以下「対策会議」という。)を設置しており、平成27年度以降、宮崎県蚊媒介感染症対策会議を開催し、本県の蚊媒介感染症対策の検討等について御協議いただいているところです。

本対策会議は、「宮崎県蚊媒介感染症対策会議設置要綱」(平成27年11月2日健康増進課感染症対策室定め)第6条第2項において、原則として年1回開催することとなっておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染症対策の影響により書面開催としました。

1.開催日

令和3年2月26日(金曜日)

2.宮崎県蚊媒介感染症対策会議委員

峰松俊夫委員、川崎益央委員、岡林環樹委員、浜砂澄子委員、

藤元一美委員、福留忠委員、甲斐国雄委員、上谷かおり委員

3.議題

  1. 蚊媒介感染症の概要について
  2. 令和2年度蚊媒介感染症対策の実績について
  3. 令和3年度蚊媒介感染症対策について

4.資料

  1. 蚊媒介感染症の概要について(PDF:75KB)
  2. 令和2年度蚊媒介感染症対策の実績について(PDF:48KB)
  3. 令和3年度蚊媒介感染症対策について(PDF:129KB)

5.委員からの主な意見

(右矢印(⇒)部分が事務局の対応案を示しています。)

  • コロナ禍において外国への行き来も少ないため、モニタリング調査もその状況に応じて実施を判断する対応で良いと思う。
    • ⇒新型コロナウイルスの感染状況を勘案し、令和3年度のモニタリング調査を検討したいと思います。
  • モニタリングの場所選定について、県民が多く利用する場所をローテーションで選定した方が良いと考える。
    • ⇒御指摘のとおり、調査場所選定においては、多くの県民が利用するなどの条件のほか、蚊の生態も踏まえて適切な場所を検討してまいります。
  • 「蚊媒介感染症」単独で啓発するより、「ダニ媒介感染症対策」の啓発と併せて行うのは合理的で良いと思う。
    • ⇒SFTS、蚊媒介感染症同様、マダニに刺されないようにすることが重要な予防策であることから、保健所その他関係機関と連携しながら啓発に努めてまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課感染症対策室感染症対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2620

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kansensho-taisaku@pref.miyazaki.lg.jp