トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 感染症対策 > 新型コロナウイルスワクチン接種に係る支援策(個別接種)について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年8月17日

新型コロナウイルスワクチン接種に係る支援策(個別接種)について

支援の目的

型コロナウイルスワクチンの接種を早期に完了させるため、個別接種に係る体制を確保する医療機関の取組を支援することを目的とする。

支援メニュー(個別接種に係る支援)

事業名

内容

提出書類

1.

診療所における接種体制確保協力金

(ア)

週100回以上の接種を7月末までに4週間以上行う場合2,000円/回

週150回以上の接種を7月末までに4週間以上行う場合3,000円/回

 

(イ)

診療所が50回以上/日の接種を行なった場合は、1日あたり定額で10万円を交付。

(ア)に該当しない週に限る((ア)と重複での交付は不可)。

個別接種支援事業申請様式

様式1:請求書

様式2(診療所用):

新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書(診療所)

2.

病院における接種体制確保協力金

(ア)

病院が50回以上/日の接種を行なった場合は、1日あたり定額で10万円を交付。

 

(イ)

病院が特別な体制を組んで、50回以上/日の接種を週1日以上7月末までに4週間以上行う場合に、(ア)に加えて追加交付。

1人1時間当たり7,550円

看護師等1人1時間当たり2,760円

個別接種支援事業申請様式

様式1:請求書

様式2(病院用):

新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書(病院)

3.

休診日接種協力金

休診日に開院してワクチン接種を行う医療機関に対して協力金を交付する。

1日午をまたぐ6時間以上の場合15万円

半日3時間以上7.5万円

ワクチン接種については、かかりつけ患者以外も対象とした上で、1時間あたり6回以上の接種を行うことを目安とする。

個別接種支援事業申請様式

様式1:請求書

様式3:

休診日における接種実績報告書(休診日接種体制確保協力金)

申請手順等

  1. 和3年7月末(3.休診日接種体制確保協力金については8月1日)までの実績について、下記より該当する書類をダウンロードのうえ作成し、8月23日(月曜日)~9月24日(金曜日)の間に下記提出先まで電子メールで御提出ください。
    • メールのタイトルは「(医療機関名)新型コロナウイルスワクチン接種緊急支援事業の申請」としてください。
  2. 内容審査後に、県から正式申請依頼の連絡をメールで行いますので、押印した書類を郵送にて提出してください。
  3. 正式申請後、1か月を目途に指定の口座へお支払いされます。

提出先等

  • 宮崎県健康増進課感染症対策室ワクチン接種プロジェクトチーム

関係書類

ご案内チラシ

実施要領及び交付要綱

申請様式

マニュアル

留意事項

  • 8月以降の実績及び時間外・休日に医療従事者を集団接種会場へ派遣した派遣元医療機関に対する協力金に係る」申請方法等については、改めて本HP内で御案内いたします。
  • 書類の提出、ダウンロードがWebで行えない場合はご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課感染症対策室ワクチン接種担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-3141

ファクス:0985-44-2753

メールアドレス:wakuchin-hojokin@pref.miyazaki.lg.jp