更新日:2021年1月8日

ここから本文です。

「新しい生活様式」の実践へ

お知らせ

コロナとともに生きる社会にあっては、可能な限り感染防止に努めながら、社会経済活動とのバランスを図ることが重要となります。

引き続き「新しい生活様式」の実践に努めていただきますようお願いします。

特に高齢者や基礎疾患のある方と接する場合は注意をお願いします。

「新しい生活様式」を実践しましょう

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、手洗いや咳エチケット、人との距離の確保など、基本的感染対策を含めた「新しい生活様式」を日常生活に組み込み、いわば生活の<標準装備>としていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。

一人ひとりが「新しい生活様式」を心がけていただくことで、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。本県の感染症対策へのご理解・ご協力をよろしくお願いします

日常生活を営む上での基本的感染対策

手洗い、消毒、咳エチケットの徹底、人との間隔をあける、対面での会話や三密を避ける、感染の流行している地域の往来を避ける、体温測定

日常生活の各場面別の生活様式

買い物

  • 1人または少人数で空いた時間に
  • 電子決済を利用する
  • 計画を立てて素早く済ます
  • 展示品への接触は控えめに
  • レジに並ぶときは、前後をあける
  • 通販も利用する

娯楽・スポーツ等

  • 公園は、空いた時間、場所を選ぶ
  • ジョギングは少人数で
  • すれ違うときは距離をとる
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  • 狭い部屋での長居は避ける
  • 歌や応援は距離をとるかオンラインで

食事

  • 対面ではなく、横並びで座る
  • おしゃべりは控えめに
  • 大皿は避けて、料理は個々に
  • お酌や回し飲みは避ける
  • 持ち帰りはデリバリーも利用
  • 屋外空間で気持ちよく
  • 歯みがきは口を結んで飛沫対策を
(参考)「みやざきモデル」について

県民の皆様が会食される際の留意点

みやざきモデル

みやざきモデル

  • 「み」っつの密(密集・密接・密閉)を避けて
  • 「や」めよう大声、大人数、長時間、静かなマスク会食を
  • 「ざ」せきは間隔を空けて
  • 「き」れいに手指消毒
  • 「も」りつけは小皿で一人ひとり
  • 「で」電話連絡先をお店に告げて
  • 「ル」-ル、ガイドライン遵守のお店を利用しましょう

いつでもマスク

冠婚葬祭や親族行事

  • 多人数での会食は避ける
  • 風邪の症状があるなら参加しない

働き方の新しいスタイル

  • テレワークの活用
  • 時差出勤でゆったりと
  • 会議はオンラインで

チラシ等

ページの先頭へ戻る

宮崎県内にお住まいの皆さんへ

1

 

2

 

ページの先頭へ戻る

宮崎県外にお住まいの皆さんへ

3

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課感染症対策室感染症対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番18号

電話:0985-44-2620

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kansensho-taisaku@pref.miyazaki.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。