トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 河川・海岸 > 宮崎海岸(赤江浜)の災害復旧事業について > 宮崎海岸赤江地区(通称:赤江浜)の災害復旧計画案の概要について

ここから本文です。

更新日:2005年6月3日

宮崎海岸赤江地区(通称:赤江浜)の災害復旧計画案の概要について

平成16年の台風6号、16号、23号によって宮崎海岸・赤江地区(通称:赤江浜)の砂浜が次々と侵食を受け、突堤の沈下と大幅な浜崖の後退という著しい被害が発生し、このまま侵食が進むことは放置できない状況です。
今回の災害復旧計画案は、今後の侵食を防止する緊急的な防災対策であり、工法は海浜利用者にできるだけ配慮して、「人工リーフ」工法を計画案としています。

以下に計画案の概要を紹介します。

1被災状況

被災位置

宮崎空港の南側約3キロメートルの付近で、清武川の近くです。

宮崎河岸、赤江地区上空写真。災害復旧延長1,340メートル。大規模な砂浜の侵食が発生。

被災状況

海岸の侵食状況を調査。台風による砂浜の侵食は約20メートル

2検討した工法

復旧工法検討にあたっての考え方

海岸の侵食防止・環境・利用に配慮した工法であって、最も経済的な工法により復旧を行います。

侵食防止 環境 利用
台風など荒天時の波で浜崖侵食が、これ以上、進まないようにする。 アカウミガメの産卵場確保などに配慮するため、砂浜の復元を図る。 砂浜での遊びやサーフィンなどができるように配慮する。

復旧工法の比較

  • 案1緩傾斜護岸
    緩傾斜護岸工法は、緩やかな勾配をした護岸で、波の力を斜面で弱めることで、侵食から陸地を守る構造にしたものです。
  • 案2直立堤
    直立堤工法は、直立した波返し護岸で、波の力を受け止めて、侵食から陸地を守る構造にしたものです。
  • 案3人工リーフ
    人工リーフ工法は、既設の突堤と突堤の間に人工リーフを配置し、沖からの波の力を弱めることによって、侵食から陸地を守るとともに、砂浜の復元を図る工法です。人工リーフの高さは、満潮時の海面の高さ程度としています。
  • 案4離岸堤
    離岸堤工法は、基本的に案3の人工リーフと同じ考え方で、人工リーフよりも高さが高く、堤型の構造で、消波機能を高めたものです。

3計画案に採用した工法

「人工リーフ工法」を採用

計画図(人工リーフ工法)

平面計画横断計画

設置による効果

「現状」の図「荒天時の効果」の図「平常時の効果」の図

砂浜の形成予想(模型)

「夏場の形成予想」図「冬場の形成予想」図

お問い合わせ

県土整備部河川課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7184

ファクス:0985-26-7317

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp