ここから本文です。

更新日:2005年6月3日

人工リーフ工法の選定理由

侵食防止・環境・利用の3つの観点から、各案について詳細な検討を加えた結果、侵食防止については、今以上の浜崖の後退を防ぎ、また、環境面については、砂浜の復元によって、アカウミガメの産卵場となる砂浜の保持が期待できること、利用面については、海辺の散策や魚釣りなど砂浜の利用やサーフィン利用にも配慮できることなどを総合的に検討して、案3の人工リーフ工法を計画案として選択しました。

1.侵食防止について

検討を行なった4つの案とも、波による侵食対策には有効でありますが、案1の緩傾斜護岸と案2の直立堤は、はね返る波によって、護岸前面が深く掘れ、砂浜がなくなっていく傾向があります。

案3の人工リーフと案4の離岸堤は、沖からの波を小さくすることにより砂浜の復元が期待できる工法です。

2.環境面について

案1の緩傾斜護岸は、ブロックを緩やかな勾配で設置するため、設置範囲が広くなり、砂浜の幅が小さくなりますし、はね返る波の影響によって、砂浜がなくなっていく傾向があります。

また、案2の直立堤についても、案1と同様に、はね返る波の影響によって、砂浜がなくなっていく傾向があります。

このため、案1と案2では、アカウミガメの産卵場としての砂浜に大きく影響を与えてしまいます。

それに比べて、案3の人工リーフと案4の離岸堤は、砂浜の復元によって、アカウミガメの産卵場となる砂浜の保持が期待できます。

また、景観については、いずれの案も海岸にコンクリートによる人工物を設置するために、海岸の自然景観を損なうことは、避けられません。

3.利用面について

当海岸では、現在、海辺の散策、魚釣り、サーフィンなどが行われています。

案1の緩傾斜護岸と案2の直立堤は、サーフィンの利用に支障はありませんが、はね返る波の影響により、護岸前面の砂浜がなくなっていく傾向があることから、利用空間に影響がでるおそれがあります。

また、案4の離岸堤については、砂浜の利用には支障がありませんが、ブロックではね返る波によって、サーフィンの利用に支障が出ると考えられます。

案3の人工リーフについては、案4の離岸堤よりも、ブロックの高さを低くしたり、勾配を緩やかにすることによって、はね返る波の影響をできるだけ小さくすることで、サーフィンの利用に配慮したものです。

お問い合わせ

県土整備部河川課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7184

ファクス:0985-26-7317

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp