トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > がん対策 > 「第3期宮崎県がん対策推進計画」策定のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年4月23日

「第3期宮崎県がん対策推進計画」策定のお知らせ

の計画は、がん対策基本法(平成18年法律第98号。以下「基本法」という。)第12条第1項に規定する都道府県がん対策推進計画で、本県におけるがん対策の基本的な方針を定めるものです。

国の新たながん対策推進基本計画を基本とし、宮崎県がん対策推進条例(平成24年条例第39号)を踏まえ、宮崎県医療計画、健康みやざき行動計画21及び宮崎県高齢者保健福祉計画等との整合を図りつつ、「宮崎県がん対策推進計画(改定)(計画期間:平成25年度から平成29年度まで)」を改定するものです。

の計画は、平成30年度から平成35年度までに達成すべき各種目標並びに目標を達成するために必要な取組について記載しています。

がんに係る医療圏

ん診療の特殊性と専門性に鑑み、引き続き4つのがん医療圏を設定し、拠点病院等を中心にがん医療の提供体制を整備することとしています。

  • 都道府県がん診療連携拠点病院:宮崎大学医学部附属病院
  • 地域がん診療連携拠点病院:県立宮崎病院、国立病院機構都城医療センター
  • 宮崎県がん診療指定病院:県立日南病院、県立延岡病院

医療圏

第3期宮崎県がん対策推進計画全文(分割)

表紙・はじめに・目次

第1章:計画の策定にあたって

  1. 計画策定の趣旨
  2. 計画の位置づけ
  3. 計画の期間

第2章:宮崎県におけるがんによる死亡・がん罹患の状況

  1. 死亡の状況
  2. 罹患の状況

第3章:全体目標

  1. 科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実
  2. 患者本位のがん医療の実現
  3. 尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築

第4章:分野別施策と個別目標

  1. 科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実
    • (1)がんの1次予防
    • (2)がんの早期発見及びがん検診(2次予防)
  2. 患者本位のがん医療の実現
    • (1)がん医療の提供体制
    • (2)チーム医療の推進
    • (3)がん登録
    • (4)その他(がんゲノム医療、がんのリハビリテーション、支持療法、希少がん、難治性がん及び病理診断)
  3. 尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築
    • (1)がんと診断された時からの緩和ケアの推進
    • (2)相談支援、情報提供
    • (3)社会連携に基づくがん対策・がん患者支援
    • (4)がん患者等の就労を含めた社会的な問題(サバイバーシップ支援)
    • (5)ライフステージに応じたがん対策
  4. これらを支える基盤の整備
    • (1)がん教育・がんに関する知識の普及啓発
    • (2)人材育成

第5章:がん対策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項

  1. 関係者等の連携協力の更なる強化
  2. 県の責務及びがん患者を含めた県民等の役割
  3. 患者団体等との協力
  4. 必要な財政措置の実施と予算の効率化・重点化
  5. 目標の達成状況の把握
  6. 推進計画の見直し

第3期宮崎県がん対策推進計画全文(一括)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7078

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp