トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 疾病対策 > 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年3月15日

先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

先天性血液凝固因子障害等治療研究事業とは

天性血液凝固因子障害等患者の対象疾患にかかる医療費等の自己負担分を治療研究事業として公費負担することにより、患者の医療負担の軽減を図ることを目的としています。

対象疾患

  1. 先天性血液凝固因子欠乏症のうち次に掲げる疾患
    (1)第I因子(フィブリノゲン)欠乏症 (7)第X因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症
    (2)第II因子(プロトロンビン)欠乏症 (8)第XI因子(PTA)欠乏症
    (3)第V子(不安定因子)欠乏症 (9)第XII因子(ヘイグマン因子)欠乏症
    (4)第VII因子(安定因子)欠乏症 (10)第XIII因子(フィブリン安定化因子)欠乏症
    (5)第VIII因子欠乏症(血友病A) (11)von Willebrand(フォン・ヴィルブランド)病
    (6)第IX因子欠乏症(血友病B)  
  2. 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

対象者

則として宮崎県に住所を有する20歳以上の方が医療費助成の対象となります。

(ただし、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症患者は20歳未満も対象)

申請方法

提出書類

  1. 先天性血液凝固因子障害等医療費受給者証交付申請書(PDF:99KB)
    (当該申請書は医師の診断書を兼ねます。申請書の「医師意見」と「申請医療機関」の欄に医師の記載及び押印が必要となりますので、主治医に記載を依頼してください。)
  2. 保険証の写し
  3. 特定疾病療養受療証の写し
    (特定疾病療養受療証とは、加入している医療保険者に申請することによって取得できるものであり、血友病A、血友病B、血液凝固因子製剤投与に起因するHIV感染症の方は取得可能です。この3つの疾患に該当する場合は、必ず医療保険の窓口で手続を行なった上で、先天性血液凝固因子障がい等医療受給者証交付申請を行うようお願いします。)

申請窓口

住所 〒880-8501崎市橘通東2丁目10番1号
担当 宮崎県福祉保健部健康増進課子保健・医療支援担当
電話 0985-44-2621

受給者証が交付されたら

  1. 対象疾患に関する治療等のため医療機関を受診した際には、必ず窓口で受給者証を提示してください。なお、特定疾病療養受療証をお持ちの方はこちらもあわせて提示してください。
  2. 受給者証の有効期間は毎年度末までとなります。次年度も引き続き医療費助成を受けるためには、更新手続きが必要です。有効期間が満了する2か月程前に更新案内通知を発送しますので、希望される場合は更新手続きをお願いします。
  3. 受給者証の記載事項に変更がある場合は以下のとおり変更手続きが必要です。
変更内容 提出書類
住所変更 申請書(PDF:91KB)、受給者証
氏名変更 申請書(PDF:91KB)、受給者証
加入している医療保険の変更

申請書(PDF:91KB)、受給者証、保険証の写し、

特定疾病療養受療証の写し(該当者のみ)

医療機関変更 申請書(PDF:91KB)、受給者証
受給者証の紛失(再交付申請) 申請書(PDF:91KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課母子保健・医療支援担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2621

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp