トップ > 県政情報 > 広報・広聴 > 知事室 > ふれあいフォーラム > 平成24年度の開催状況 > 平成24年度第7回知事とのふれあいフォーラム

掲載開始日:2018年7月13日更新日:2018年7月13日

知事室へようこそ

ここから本文です。

平成24年度第7回知事とのふれあいフォーラム

第7回知事とのふれあいフォーラム(こんにちは!河野です)

≪内容≫

開催日時等

開催日

平成24年10月26日(金曜)午後2時30分から午後4時00分まで

場所

木城町総合交流センター「リバリス」

参加者

木城町の皆さん20名
知事

ふれあいフォーラムの内容

知事挨拶

  • 今日は平日の昼の大変忙しい時間帯に貴重なお時間をいただき深く感謝。
  • 小丸川揚水発電所の昨年のオープンは大変ありがたいことだと思う。大震災があって、原発や化石燃料を使った発電所のあり方が問われ、もっと自然エネルギーを使っていこうという流れの中で、本県ならではの自然を生かした揚水力発電をオープンすることができた。大変タイムリーなことであり、これまでご尽力をいただいた町、九州電力、地域住民の皆様に深く感謝を申し上げたい。
  • 今日は本当に明るい話題から入ることができる。今日の10時に、国交省が高速道路の北浦~須美江間が12月15日に開通が決まったと発表した。予定よりも3カ月前倒しで完成する運びになった。他県と比べると高速道の整備が遅れているという見方があるが、今までなかったものができる訳だから、それを生かしていくというプラスの方向で受けとめる必要がある。
  • ただ、これで満足してはいけないとも思う。東九州道の開通、さらには細島港整備の効果を九州全体に及ぼして、浮揚を図っていきたいという思いで、中央道の整備にも力を入れていきたい。
  • 今週末は宮崎神宮大祭、その次は西都での古墳祭り、さらにその次は宮崎市内で古事記ゆかりのグルメ祭りということで、古事記という素材を生かした宮崎の発信、観光・経済効果に結びつける取り組みを進めていきたいと考えている。
  • しかしながら、一過性のいろんなイベントをやって終わりということにしてはいけないとも思っており、8年後の日本書記編さん1300年記念をにらみながら、宮崎の文化的、歴史的な宝を改めてみんなで見つめ直し、もっともっと磨いて強く発信していくという取り組みをしないといけないと思う。
  • 今日は明るいニュースもきっかけにしながら、皆さんから木城町にお住まいの中でのお気づきの点やご質問、ご意見等をいただきながら、やりとりをさせていただきたいと思う。

 

 

ページの先頭へ戻る

フォーラムの様子

(写真)平成24年度第7回知事とのふれあいフォーラム(こんにちは!河野です)の様子
(写真)平成24年度第7回知事とのふれあいフォーラム(こんにちは!河野です)の様子
 

木城町の皆さん20名が参加しました。

(写真)平成24年度第7回知事とのふれあいフォーラム(こんにちは!河野です)の様子
(写真)平成24年度第7回知事とのふれあいフォーラム(こんにちは!河野です)の様子
 

県政や地域の課題等について活発な意見交換が行われました。

 

ページの先頭へ戻る

主な意見等

  • 社団法人宮崎県青少年育成県民会議について
    社団法人宮崎県青少年育成県民会議の支部制度が今年3月に廃止となった。年1回の全体会議だけでなく、各町村の取り組みなどの意見発表の場は残して欲しい。
  • 伝統芸能の継承について
    伝統芸能の継承のため、自治公民館単位でやっているような小さなものを、26市町村持ち回りで披露する場を設けることで、継承されるのではないか。町の中では予算をいただいて取り組んでいるが、外で発表することで刺激を受ける。
  • スポーツキャンプなどの誘致について
    スポーツ大会やスポーツキャンプの誘致など宮崎市だけでなく、県内各地の町村の施設などもPRしていただきたい。また、メジャーな競技だけでなく、マイナーな競技もPRしていただきたい。。
  • 県道の拡幅予定について
    県道22号東郷西都線の拡幅予定について伺いたい。
  • 移住者への就農支援について
    近所に埼玉から移住して就農している方がいる。農大校の実践塾を修了したと聞いているが、県や町の継続的なサポートをお願いしたい。
  • 有害鳥獣対策について
    鳥獣被害が増えている。駆除をする猟師さんに、日当を支払うなどはできないか。また、児湯郡一体となって駆除する取り組みが必要なのではないか。
  • マウンテンバイク大会のPRについて
    木城町で開催されるマウンテンバイクの大会は西日本最大級と言われている。自分たちもPRしていくので、県でもPRしてもらいたい。
  • 糖尿病の予防のための活動について
    糖尿病の予防のために、食のボランティア活動をおこなっている。医療費削減のためにも重要と考えている。
  • 思いやり駐車場の利用について
    思いやり駐車場の不適正な利用がある。県民への啓発をお願いしたい。
  • 障がい者団体への加入促進策ついて
    障がい者団体への加入率が落ちている。個人情報の問題があると思うが、障がい者手帳を交付する際に団体への情報提供はできないか。
  • ドクターヘリについて
    ドクターヘリの着陸ポイントを増やして欲しい。
  • 口蹄疫埋却地の利用の見込み等について
    口蹄疫埋却地の利用の見込み等、今後の方向について伺いたい。できれば農地として利用したいと考えている。
  • 地産地消の取り組みについて
    学校給食での地産地消に取り組んでもらいたい。
  • 家庭教育の取り組み強化について
    以前「家庭の日」を全県挙げておこなっていたように、家庭教育に対する施策に取り組んでもらいたい。学校に携帯電話持ち込み禁止といいつつ、部活の連絡がメールで来るなど矛盾しているところもある。子供とインターネットの関わりについて全県レベルで取り組んでもらいたい。

 

ページの先頭へ戻る

知事総括

  • 今日は長時間にわたりお付き合いいただき感謝。
  • ここ木城町で、いろいろな課題や提言・提案をいただいた。ここで全てお答えできた訳ではないが、しっかり受けとめさせていただいて、今後の県政に生かしていきたいと思う。
  • 私は「対話と協働」を一つの県政の重要な柱として考えており、今後ともいろいろな形でご意見を伺いながら県政を推進していきたいと思っているので、叱咤激励を賜りたいと思う。

お問い合わせ

総合政策部秘書広報課広報戦略室 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-27-3003

メールアドレス:kohosenryaku@pref.miyazaki.lg.jp