トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 風水害情報 > 平成29年台風第18号による被害状況(9月22日15時00分現在)

ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

平成29年台風第18号による被害状況(9月22日15時00分現在)

平成29年台風第18号による被害状況等についてお知らせします。
なお、概ねの被害件数が判明したため、今回をもって台風第18号に係る情報提供(速報)を終了します。

1.気象警報の発表状況
なし

2.主な被害状況
○人的被害
・延岡市北川町で、女性(83才)が梯子から降りた際に転倒し、左肩を脱臼骨折したもの。
・日向市塩見で、男性(39才)が、突風により割れた自宅窓ガラスで両足を負傷したもの。

○住家被害
・宮崎市の住家被害のうち、一部破損の主なものは、生目、瓜生野の突風によるもの、床下浸水の主なものは木花、本郷で発生したもの。
・延岡市の住家被害のうち、一部破損の主なものは、石田町、伊形町の突風によるもの、床上浸水の主なものは佐野町、北川町で発生したもの、床下浸水の主なものは山月町、北川町で発生したもの。(一部破損3棟、床下浸水3棟、非住家被害その他1棟の増加。)
・日向市財光寺、塩見で突風により住家の一部が損壊したもの。
・国富町木脇で、突風による瓦の飛散や倒木による住家の被害等(8棟)が発生したもの。
・椎葉村下福良で法面崩土により住家被害があったもの(ブルーシートによる応急対策実施)。
・椎葉村松尾で崩土による土砂流入で住家被害があったもの。
・高千穂町上野で崩土があり店舗部に流入したもの。
・国富町本庄で大雨により床下浸水したもの。

○非住家被害
・河川の増水により五ヶ瀬町役場1階駐車場が浸水したもの。(役場地下→1階駐車場に訂正)
・宮崎市瓜生野、小松、跡江で突風により被害が生じたもの。
・日向市塩見、財光寺で突風により被害が生じたもの。

(その他被害情報)
・国富町大字木脇で大型トラック1台、2トントラック1台が突風等により横転
・新富町日置で町道路肩崩壊により埋設してある水道管破損、2戸が断水(仮復旧済)
・日之影町星山で、導水管の詰まりにより21戸が断水(9月18日復旧済)

3.県の警戒体制
・9月16日(土曜日)3時15分:宮崎県情報連絡本部設置
・9月16日(土曜日)18時00分:宮崎県災害対策本部設置
・9月18日(月曜日)10時00分:宮崎県災害対策本部廃止

4.避難状況(自主避難を含む)
なし
※ピーク時(9月17日12時00分時点)1,328世帯1,936名

5.その他
国管理国道、県管理道路通行止め箇所(別紙のとおり)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp