トップ > 暮らし・教育 > 防災 > その他 > 平成30年度「津波避難等に関する県民意識調査」の結果について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年1月24日

平成30年度「津波避難等に関する県民意識調査」の結果について

1.調査目的

宮崎県では、平成25年12月に策定した「新・宮崎県地震減災計画」に基づき、「早期避難」、「備蓄」、「耐震化の促進」など、南海トラフ地震・津波からの被害軽減に向けた様々な取組を実施してきているところです。

今回、県民の皆様の防災意識や備えににつきまして、現状を把握・分析し、本県の防災対策の課題の抽出や今後の施策等に反映させることを目的に調査を実施しました。

2.調査対象者

県内の沿岸10市町に津波浸水想定区域内及び想定区域に隣接する地域にお住まいの満18歳以上の県民(無作為抽出)

3.調査方法

郵送配布・郵送回収

4.調査期間

平成30年8月16日から9月7日までの23日間

5.調査配布数と回収状況

  • 配布数:6,761票
  • 有効回収数:2,569票(回収率38.0%)

6.調査結果

調査結果については次のとおりです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課南海トラフ・大規模災害対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7949

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp