トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 風水害情報 > 令和元年6月30日からの大雨による被害状況について(令和元年7月4日15時00分時点)

ここから本文です。

更新日:2019年7月8日

令和元年6月30日からの大雨による被害状況について(令和元年7月4日15時00分時点)

令和元年6月30日(日曜)からの大雨による被害状況についてお知らせします。(7月4日15時00分時点での情報です)

1.気象警報の発表状況
 発表中の警報なし(7月4日10時30分までに全て解除)

2.主な被害状況
・都城市:
 ・住家被害(床上浸水1棟、床下浸水16棟)
 ・非住家被害(その他1棟)
(注意)都城市山之口町で崩土により6世帯14人が孤立(対応中)

・小林市:
 ・住家被害(一部破損1棟)

3.県の警戒体制
・6月30日(日曜日)22時10分:宮崎県情報連絡本部設置
・7月3日(水曜日)10時00分:宮崎県災害警戒本部へ移行
・7月4日(木曜日)10時30分:宮崎県情報連絡本部へ移行
・7月4日(木曜日)15時00分:宮崎県情報連絡本部廃止


4.市町村の警戒体制
 7月4日(木曜日)11時00分までに全て廃止

5.避難勧告等の発令状況
 7月4日(木曜日)11時00分までに全て解除

6.避難状況(自主避難を含む)
 なし
(避難者数が最大となったのは、7月4日6時00分時点の1,702世帯2,938人)

7.その他
・県管理道路規制状況については別紙2のとおりです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。