トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 防災への備え・啓発 > 6.「自分に必要な備蓄」で、生き延びる「自分」になる。

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

6.「自分に必要な備蓄」で、生き延びる「自分」になる。

「自分に必要な備蓄」を行なって生き延びましょう。

減災行動月間備蓄ポスター

災害時の「避難」などに備えて、あなたには何が必要ですか?

乳幼児がいる場合、要介護者がいる場合、妊婦がいる場合、ペットがいる場合など、それぞれの状況によって災害時の必需品は異なります。

自分に必要となる備蓄するものを確認しましょう。

減災行動月間CM(自分に必要な備蓄編)【動画】

動画の内容

「減災行動月間」のテレビコマーシャルです。(平成30年3月放送)

「備蓄」担当の伊賀透浩アナウンサーが「自分に必要な備蓄」を呼びかけます。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課防災企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp