トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 過去の霧島山の火山活動に関する情報提供 > 平成19年12月1日から、新しい火山情報が導入されました

ここから本文です。

更新日:2007年12月4日

平成19年12月1日から、新しい火山情報が導入されました

気象庁は、平成19年12月1日から、これまでの火山自体の活動状況を示す「火山情報」にかえて、住民の避難等の目安となる「噴火警戒レベル」の導入、「噴火予報」及び「噴火警報」の発表を開始しました。
本県では、霧島火山の御鉢、新燃岳が対象となります。

噴火警戒レベルは、住民の避難及び登山規制等の防災対応を示す指標で、「レベル1」から「レベル5」までの5段階で発表されます。

「噴火警戒レベル」について

噴火警戒レベルの詳細については、気象庁ホームページを参照してください。

【お知らせ】

上記の運用開始に伴い、12月1日(土曜)10時から10時20分にかけて全国の火山に噴火警報及び噴火予報が発表されたため、宮崎県防災・防犯情報メールサービスに御加入の皆様(火山情報を入手されている方のみ)には、全国の火山ごとに21通のメールが発信されてしまい御迷惑をおかけしました。
今後は、新たな警報・予報等が発表される火山のみ配信されますが、全国の火山情報となりますので、不要な方は受信設定の変更をお願いします。

関連するページへのリンク

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp