トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 防災・危機管理に関する各種計画 > 「新・宮崎県地震減災計画」の改訂について(平成29年8月改訂)

ここから本文です。

更新日:2017年9月5日

「新・宮崎県地震減災計画」の改訂について(平成29年8月改訂)

県においては、過去、日向灘を震源として、人的・物的被害を伴う地震や津波に襲われてきたことから、県の日向灘地震、えびの小林地震の想定及び国の東南海・南海地震の想定を踏まえて、平成19年3月に「宮崎県地震減災計画」を策定しました。

このような中、平成23年3月に発生した東日本大震災が、これまでの想定をはるかに超える甚大な被害であったことから、国は、「今後、地震・津波の想定を行うに当たっては、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの巨大地震・津波を検討していくべき」との考えのもとに、南海トラフ巨大地震の想定を公表しました。このことを踏まえ、県では、これまで国の想定内容を、より詳細に検討し、本県における南海トラフ巨大地震、いわゆる最大クラスの地震や津波、これに伴う被害の想定を公表してきたところです。

そして、平成25年12月に、これまでの最大クラスの検討結果を踏まえ、「宮崎県地震減災計画」に、南海トラフ巨大地震への対策を追加し、今後取り組むべきソフト、ハードの総合的な減災対策をとりまとめた「新・宮崎県地震減災計画」を策定しました。

この計画に記載する地震対策は長期に及ぶ内容も考えられること、対応すべき新たな課題が考えられることから、毎年度見直しを行い、時点修正を行いながら更新をしていくこととしております。

成29年8月の計画の主な改訂内容は、以下のとおりです。

  1. 「宮崎県国土強靭化地域計画(平成28年12月)」の記述と合わせました。
  2. 「第5次地震防災緊急事業五箇年計画(平成29年3月)」の記載を追加しました。
  3. 九州地方知事会で検証された「熊本地震における課題とその対策」を踏まえました。

平成29年8月31日

宮崎県危機管理局危機管理課

新・宮崎県地震減災計画

新・宮崎県地震減災計画について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp