マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年8月27日

病児保育事業実施施設

こどもが病気または病気回復期であって、集団保育が困難な場合に利用する保育サービスを行う施設です。

病児保育事業とは?

病児対応型

病気の「回復期に至らない場合」であり、症状の急変が認められない児童を対象に保育するもの。
(回復期に至らない場合:現在も病気にかかっている状態)

病後児対応型

病気の「回復期」であり、集団生活がまだ困難な児童を対象に保育するもの。
(回復期:病気が治りかけだが、完全に完治していない状態)

個人で判断するのは難しいため「かかりつけ医」や「実施施設」へご相談ください。

体調不良児対応型

童が保育中に微熱を出すなど「体調不良」となった場合に、保育所等で保健的な対応等を図るもの。

利用方法

実施施設により手続、利用料金が異なりますので事前に各施設へご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども政策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7056

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-seisaku@pref.miyazaki.lg.jp