トップ > 健康・福祉 > こども・子育て・青少年 > 保育所・幼稚園・認定こども園 > 宮崎県幼保小接続カリキュラム作成のためのてびき(つなぐ)について

ここから本文です。

更新日:2018年3月23日

宮崎県幼保小接続カリキュラム作成のためのてびき(つなぐ)について

平成29年3月に保育所保育指針、幼稚園教育要領、幼保連携型認定こども園教育・保育要領、小学校学習指導要領が同時公示され、幼児期の教育と小学校教育との円滑な接続を行うことの重要性が明記されました。目の前にいる子どもたちが、これまでどのように育ってきたのか、これからどのように育っていくのかをしっかりと理解した上で、「教育課程」によって円滑に接続できるようにしていく必要があります。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を基にして、子どもたちの発達の特性と育てたい子どもの姿を捉え、連続性・一貫性をもった学びにつなげていくことが大切になっています。

接続期のカリキュラムとは、このような考え方を受け、円滑な接続を図るための具体的な教育・保育について示したものです。

この度、宮崎県こども政策課と宮崎県教育委員会が協働で、「宮崎県幼保小接続カリキュラム作成のためのてびき(つなぐ)」を策定いたしました。

本てびきを各園、各小学校のカリキュラム作成や日々の保育及び指導に生かしていただくことにより、子どものよりよい育ち・学びにつなげることができれば幸いです。

宮崎県幼保小接続カリキュラム作成のためのてびき(つなぐ)~子どもの育ちと学びをつなぐ~

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども政策課幼児教育保育担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7057

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-seisaku@pref.miyazaki.lg.jp