トップ > 宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイト > 新型コロナウイルス感染症患者の発生状況 > 新型コロナウイルス感染症患者(第1例目)の発生について(続報)

更新日:2020年4月7日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症患者(第1例目)の発生について(続報)

令和2年3月4日、新型コロナウイルスの検査により、同ウイルスに感染した方が1名確認されました。行動歴、濃厚接触者については、宮崎市保健所において調査中です。

 患者情報

患者の状況

  • (1)居住地宮崎市
  • (2)年齢70代
  • (3)性別男性
  • (4)国籍日本
  • (5)職業無職

経過等

  • 3月1日
    • 発熱(37.2度)、倦怠感、食欲不振あり
  • 3月2日
    • A医療機関を受診し、服薬
    • 胸部エックス線上、明らかな肺炎認めず
    • インフルエンザ陰性
  • 3月4日
    • 病状改善せず、A医療機関を再診。
    • 医療機関より保健所に相談があり、宮崎県衛生環境研究所においてPCR検査を実施した結果、陽性と判明
  • 4月3日
    • PCR検査(1回目)を実施、陰性を確認
  • 4月4日
    • PCR検査(2回目)を実施、陰性を確認
    • 感染症指定医療機関から退院

現在の症状(3月4日時点)

  • 症状は安定している

行動歴

  • 2月20日~26日
    • アメリカ(ロサンゼルス)に滞在
  • 2月27日
    • 羽田空港より宮崎空港着、自宅へはタクシー利用
    • 移動時はマスク着用
    • 帰宅後は発症まで自宅で過ごす

濃厚接触者の状況

  • 同居家族(妻)(経過観察時期:3月18日まで)
    • 3月5日PCR検査陰性

お願い

  • 患者・ご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。
  • 医療機関への取材はご遠慮ください。

 県の対応(3月4日時点)

今後の感染の広がり等を見ながら適宜見直します。

  1. 感染者に対して積極的疫学調査を徹底することとし、濃厚接触者に対して、14日間、健康観察を実施するとともに、外出自粛など感染者を増やさないような行動を要請する。
  2. 県が主催するイベント等について、今年度末まで、原則、延期・中止する。
    ただし、入学試験や卒業式など、参加者が限定され、かつ日程の変更や中止が困難なものは、感染機会を減らす工夫を徹底し、個別に開催を検討する。
    感染者が居住していた県央地区においては、県立の公の施設は、今年度末まで、県民の施設利用を制限等する。(臨時休業を含む)
  3. 県民や市町村等に対して、事業所・施設等の臨時休業、イベント等の集会や外出の自粛などについて、一律の要請は行わないが、県の対応を踏まえた対応を要請する。特に、高齢者や基礎疾患を有する者、子どもなどの参加があるイベント等については、十分に留意して判断する。実施等する場合は、感染機会を減らす工夫の徹底を要請する。(県立学校については県立学校の臨時休業についてを参照)

感染機会を減らす工夫の例

  1. 風邪のような症状のある方の参加自粛を要請すること
  2. 参加者に対し、咳エチケットの徹底を要請すること
  3. 屋内でのイベント等は定期的な室内換気を十分に行うこと
  4. アルコール消毒液を会場の複数箇所に設置し、手指消毒を確実に実施すること
  5. イベント等の運営方法の変更、見直しについて工夫すること
    • 開催時間の短縮、参加対象者の限定などの規模縮小
    • 参加者の相互接触や対面での会話機会を減らすなどの工夫
    • 食事提供の取りやめ

参考資料

第3回本部会議資料(PDF:335KB)

  • 次第
  • 資料1新型コロナウイルス感染症患者(第1例目)の発生について
  • 資料2県の対応方針

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課感染症対策室

電話:0985-44-2620

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kansensho-taisaku@pref.miyazaki.lg.jp

福祉保健部福祉保健課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7074

ファクス:0985-26-7326

メールアドレス:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。