トップ > 社会基盤 > 公共事業 > 品質確保 > 市町村職員の県工事検査への臨場研修について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年5月6日

市町村職員の県工事検査への臨場研修について

公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)に基づく発注者支援の一環として、市町村職員を対象に検査技術の習得を目的とした県工事検査への臨場研修を実施します。

臨場検査研修の概要

  • 実施期間は、概ね5月~11月で行います。
  • 研修可能な検査箇所は、前月末を目処に各市町村へメールにより案内します。
  • 参加者数は、検査1件当たり2名程度までとします。
  • 予定工種は、林道工事、ため池工事、管水路工事、農道工事、建築工事、道路改良工事、河川護岸工事、災害復旧工事、急傾斜地崩壊対策工事、法面工事等です。

別に御要望がありましたら、メール・電話でお問い合わせください。

臨場検査研修に参加するには?

  • 対象者は工事検査、工事監督に関わる(予定のある)市町村職員となります。一般の方は申込みできません。
  • 臨場研修に参加希望する市町村職員は、申込みフォームに必要事項を記入の上、検査予定日の7日前までに下記メールアドレスにメール送信してください。
  • 申込み確認後、宮崎県工事検査課から、希望者に参加可否を検査予定日の3日前までに連絡します。
  • 研修後に、アンケートを提出していただきます(メール送信)。
  • 詳細については「市町村職員の県工事検査への臨場研修に関する要領」を御覧ください。

様式ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部・農政水産部・県土整備部共管工事検査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7563

ファクス:0985-26-7321

メールアドレス:kojikensa@pref.miyazaki.lg.jp