募集情報

トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > 募集情報 > 参加者・作品等の募集 > 【募集】演劇公演の脚本に活用する「うれしいことば」エッセイ募集

ここから本文です。

更新日:2020年1月20日

【募集】演劇公演の脚本に活用する「うれしいことば」エッセイ募集

牧水かあ

募集情報カテゴリ

参加者・作品などの募集

募集内容

演劇公演の脚本に活用する「うれしいことば」エッセイを募集します

募集期間

令和2年1月20日(月曜日) ~令和2年3月25日(水曜日)

応募方法

下記参照。

「うれしいことば」エッセイを募集します

人と人をつなぐもの。それはことば。

2020年秋に宮崎県で開催される、第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会では、障がいの有無にかかわらず、「生きづらさ」を抱えた者同士が、多様な芸術文化を通して、出会い、つながり、互いに喜びを感じる「ゆかい」な場を醸成していくことを目指しています。

その一環として2020年12月に上演される演劇公演では、障がいのある方もない方も、架空の「ゆかいアート村」を舞台にした物語を共に描いていきます。

  • 演題:みやざき県ゆかいアート村秋の大収穫祭(仮称)
  • 構成・演出:永山智行(劇団こふく劇場)
  • 出演:宮崎を拠点に活動する俳優
  • 上演日時:令和2年12月5日(土曜日)午前10時から午後4時
  • 会場:都城市総合文化ホール

そこで、その作品の題材として、県民のみなさんが実際に体験したことばの「うれしさ」を広く募集し、劇中で「せりふ」として使わせていただきたいと思っています。

みなさんが感じた「うれしさ」をぜひ教えてください。

募集情報

募集期間

令和2年1月20日(月曜日)から令和2年3月25日(水曜日)まで

(郵送の場合は、締切日消印有効)

募集内容

これまでの人生の中で、家族や友達、先生や親しい人などから、かけられてうれしかった「ことば」について、言葉をかけられた時の状況(いつ、どこで、誰が、どんなシチュエーションで)などを盛り込んだエピソードを、400字程度で書いてください。様式は自由です。

応募方法

下記の応募先へ郵送又はメールで、以下のとおり応募してください。

応募者本人が書いた未発表の作品に限り、何点でも応募可能です。

  • 郵送の場合:用紙の余白又は裏面にお住まいの市町村、氏名、ペンネーム(使用希望の場合のみ)、年齢、性別(性自認含む)及び連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記してください。又は、パンフレットの応募シートに記載して、原稿に添付いただいても構いません。
  • メールの場合:メール本文にお住まいの市町村、氏名、ペンネーム(使用希望の場合のみ)、年齢、性別(性自認含む)及び連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記してください。

応募先

  • 第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会事務局
    (宮崎県国民文化祭・障害者芸術文化祭課障害者芸術文化担当)

留意事項

  • 応募いただいたエピソードは、劇中で使用させていただくほか、ホームページなどでも紹介させていただくことがあります。
  • エピソードのご紹介にあたり、氏名(ペンネームを記載された方はペンネーム)、お住まいの市町村、年齢及び性別(性自認含む)をあわせて紹介させていただきます。差し支えがある項目がございましたら、御記載いただく必要はありません。
  • 応募いただいた原稿に関する著作権等一切の権利は宮崎県及び第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会に帰属します。
  • 応募いただいた原稿は返却いたしませんので、御了承ください。
  • 応募いただいたすべての原稿を紹介することはできませんので、御了承ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。