トップ > 社会基盤 > 道路・交通 > 高速道路 > 高速道路に関する知事コメント > 東九州自動車道「宮崎西IC~清武IC」間の四車線事業化について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

東九州自動車道「宮崎西IC~清武IC」間の四車線事業化について

知事コメント

本日、国土交通省から、東九州自動車道「油津~南郷」、「奈留~夏井」間の平成31年度の新規事業化決定に続き、「宮崎西IC~清武IC」間が、四車線事業箇所に決定したとの発表がありました。

このたびの新規事業化及び四車線事業化の決定は、平成に続く新しい時代における本県の躍進と安全・安心で豊かな暮らしに資するもので、明るい未来へとつながる希望の道となるものと、大変嬉しく思っております。

改めて、国土交通省をはじめ関係された方々に対し御礼を申し上げるとともに、これまで御尽力いただいた、国会議員、県議会議員、沿線市町村、経済団体、道づくり女性の会など関係する皆様方に心より感謝を申し上げます。

県といたしましては、引き続き関係各県や沿線自治体等と連携を図りながら、県内高速道路の一日も早い全線開通及び暫定二車線区間の早期四車線化に向けて、全力で取り組んでまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部高速道対策局高速道対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7200

ファクス:0985-24-1619

メールアドレス:kosokudotaisaku@pref.miyazaki.lg.jp