トップ > 社会基盤 > 道路・交通 > 高速道路 > 高速道路に関する知事コメント > 東九州自動車道「高鍋~西都」間における4車線化の事業箇所決定について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

東九州自動車道「高鍋~西都」間における4車線化の事業箇所決定について

知事コメント

本日、国土交通省から、東九州自動車道の「高鍋~西都」間のうち約4.7kmを、国土強靱化に資する道路ネットワークの機能強化として、暫定2車線区間の4車線化の事業箇所に決定したとの発表がありました。

東九州自動車道は、切迫する南海トラフ地震や激甚化・頻発化する自然災害から生命・財産を守る「命の道」であり、また、人口減少下において、生産性向上による更なる経済成長を実現させる「活力の道」であります。

このたびの決定により、災害時において信頼性の高い通行機能が確保されることや、平常時においても、時間信頼性や事故防止に大きく寄与することが期待され、大変嬉しく思っております。

国土交通省をはじめ、関係された方々に対し、御礼を申し上げますとともに、これまで御尽力頂いた、国会議員、県議会議員、沿線自治体、経済団体、道づくりを考える女性の会など、長年にわたり力強く応援して頂いた皆様に対し、心から感謝を申し上げます。

県といたしましては、引き続き沿線自治体等と連携を図るとともに、当事業の事業主体となる西日本高速道路株式会社に協力しながら、暫定2車線区間の早期4車線化に向けて、全力で取り組んでまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部高速道対策局高速道対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7200

ファクス:0985-24-1619

メールアドレス:kosokudotaisaku@pref.miyazaki.lg.jp