トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 港湾 > 宮崎県の港湾の概要

ここから本文です。

更新日:2018年6月26日

宮崎県の港湾の概要

1.はじめに

本県の港湾は、重要港湾3港、地方港湾12港、56条港湾1港の計16港から構成されています。

輸出入貨物の99.8%は港から運ばれるなど、港湾は物流、産業等を支える重要な社会基盤であり、地域開発に大きな影響を及ぼすことから、それぞれの地域の特性に応じた整備が求められます。

中でも、細島港、宮崎港および油津港の3つの重要港湾は、県北、県央、県南地域における経済や産業を支える物流拠点港であり、背後圏の経済活動と密接な関わりを有しています。

2018宮崎県の港湾の概要

2.宮崎県の地理的特性

2018宮崎県の地理的特性

3.取扱貨物量

(1)県内港湾の取扱貨物量(平成29年速報値)

2018県内港湾の取扱貨物量

本県における港湾取扱貨物量は、約1,324万トンであり、うち外国貿易が約233万トン(約18%)、内国貿易が約1,091万トン(約82%)です。
また、内国貿易のフェリーが586万トンと全体の約44%を占めています。

(2)県内取扱貨物量の港別割合(平成29年速報値)

2018県内取扱貨物量の港別割合

県内取扱貨物の港別割合は、重要港湾3港(宮崎港、細島港、油津港)の占める割合が全体の約95%となっており、このうち宮崎港は、県全体の約60%を占めています。

(3)県内取扱貨物量の推移

2018県内取扱貨物量の推移

内の港湾取扱貨物量は、平成29年が約1,324万トンとなっており、昨年と比べて約6万トン増加しています。

4.県内港湾におけるストック効果

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部港湾課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7188

ファクス:0985-32-4459

メールアドレス:kowan@pref.miyazaki.lg.jp