トップ > しごと・産業 > 労働・雇用 > 労働者福祉 > ストレスチェック制度について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年1月8日

ストレスチェック制度について

ストレスチェック制度とは?

ストレスチェック画像

ストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレス状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげることによって、労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止することを主な目的としたものです。
平成27年12月に施行されました。

ストレスチェック制度の概要

ストレスチェックの実施

  • 常時使用する労働者に対して、年に1回、ストレスチェックを実施することが事業者の義務になります。
    • (注意1)ストレスチェックとは、事業者が労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査をいいます。
    • (注意2)従業員数50人未満の事業場については当分の間努力義務となります。
  • ストレスチェックの調査票には、「仕事のストレス要因」、「心身のストレス反応」、「周囲のサポート」の3領域を含みます。

面接指導の実施

  • 高ストレスと評価された労働者から申出があったときは、医師による面接指導を行うことが事業者の義務になります。
  • 事業者は、面接指導の結果に基づき、医師の意見を勘案し、必要があると認められるときは、就業上の措置を講じる必要があります。

(注意)ストレスチェックの結果は直接本人に通知し、本人の同意がない限りは事業者に提供してはいけません。

ストレスチェック制度サポートダイヤル

電話:0570-031050(全国統一ナビダイヤル)

(注意)サポートダイヤルがつながりにくい場合は、最寄りの産業保険総合支援センターへお問合せください。

詳しくは、厚生労働省ホームページを御覧ください。

実施マニュアルや各種リーフレット、厚生労働省が推奨している調査票などが掲載されています。

「ストレスチェック」実施促進のための助成金

従業員数50人未満の事業場(労働保険適用事業場)が、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、医師によるストレスチェック後の面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度です。
詳しくは次のホームページを御覧ください。

助成金に関する問合せ先

お問い合わせ

商工観光労働部雇用労働政策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7106

ファクス:0985-32-3887

メールアドレス:koyorodoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp