トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化財 > 県指定文化財の新規指定について

ここから本文です。

更新日:2021年2月27日

県指定文化財の新規指定について

県指定文化財の新規指定について下記のとおりお知らせします。

1指定日

令和3年2月25日(木曜日)

2種別

無形民俗文化財(1件)有形文化財(1件)

3名称

  • 美郷町備長炭製炭技術保存会の備長炭製炭(みさとちょうびんちょうたんせいたんぎじゅつほぞんかいのびんちょうたんせいたん)美郷町備長炭
  • 木造日蓮聖人坐像(もくぞうにちれんしょうにんざぞう)日蓮聖人

4所在地

  • 美郷町備長炭製炭技術保存会の備長炭製炭美郷町
  • 木造日蓮聖人坐像門川町

5内容

  • 備長炭製炭の保存団体は美郷町備長炭製炭技術保存会
  • 本県は和歌山、高知と並ぶ備長炭の3大生産地とされる。江戸時代からの主要な生産地である美郷町では明治時代以降、他地域の技術も取り込み、独自の製炭技術の確立に努めてきた。平成26年に結成された保存会では、県外の就労者も受け入れながら、技術の継承と後継者の育成に努めている。
  • 木造日蓮聖人坐像の所有者は宗教法人勝蓮寺(しょうれんじ)
  • 像の高さは80.8センチ。内部の銘文から室町時代初期の応永元年(1394)に作られたものであることが判明している。鎌倉時代から見られる肖像彫刻の様式をふまえているが、平安時代前期を思わせる古い技法も用いられている。銘文のある像としては、九州最古のものとされ、本県の中世における仏教史を考察する上でも貴重である。

お問い合わせ

教育委員会文化財課文化財担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7250

ファクス:0985-26-8244

メールアドレス:ky-bunka@pref.miyazaki.lg.jp