トップ > 宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイト > 県の取り組み > 教育 > 県立学校における新型コロナウイルス感染症対策の対応について

更新日:2021年5月10日

ここから本文です。

県立学校における新型コロナウイルス感染症対策の対応について

標記について、県下全域に「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、以下のとおり対応する。

対応期間【5月9日(日曜日)から5月31日(月曜日)まで】

今後の対応

全ての県立学校において、遠足や修学旅行、体育大会などの「接触」「密集」が懸念される行事等については、実施しないこと。

全ての県立学校の部活動については、校内のみの活動とし、県内他校との交流は行わないこと。

1.健康観察の徹底について

  • 児童生徒等も教職員も、毎日の登校・出勤前の健康観察を、改めて徹底すること。
  • 感染者の増加している地域や学校では、同居の家族に発熱等の風邪症状がある場合も、登校・出勤を控えるよう周知すること。
  • 登校後においても児童生徒等の体調の観察に努め、体調の不調に教職員が気づいた場合には、すみやかに養護教諭等と連携し、迅速な対応を取ること。

2.校内における感染リスクの回避について

  • 感染者の増加している地域や学校では、例えば時差登校や分散登校の導入などの検討も行い、感染症への警戒を強化すること。
  • 感染防止対策を講じても感染の可能性が高い学習活動の実施については、地域や各学校の感染状況等により、制限される活動等もあることから、各教科等の指導計画や指導方法等の見直しを行い、必要な措置を講じること。また、オンライン学習を組み合わせたハイブリットな学習の活用等について積極的に検討し、学びの継続を図ること。
  • 校内においてマスクを外す場面「食事の時間や体育の授業等」における、人と人との間隔や会話等に関する指導を行うこと。

3.部活動について

校長は、部活動を実施するに当たり、以下の内容について、部活動顧問等に再度、指導を徹底すること。部顧問等は感染者に中には無症状の方もいることを十分に認識し、生徒の観察を行うこと。また、生徒への指導に関しては、感染防止対策への自覚を高め、具体的な行動につなげること。

  • 十分な感染症対策を講じた上で、活動を行うことができる。
  • 他校との交流は行わないこと。
  • 宿泊を伴う活動「合同練習や合宿等」は行わないこと。

その他

  • 上記の対応は5月9日(日曜日)時点のものであり、今後の国の動向や県内及び各学校の感染状況等によっては、対応の変更の可能性もある。
  • 6月1日(火曜日)以降の対応については5月28日(金曜日)までに連絡を行う。
  • 不明な点がある場合は、適宜、県教育委員会と協議すること。

お問い合わせ

教育委員会教育政策課企画調整担当

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7234

ファクス:0985-26-7306

メールアドレス:kyoikuseisaku@pref.miyazaki.lg.jp