トップ > 暮らし・教育 > 教育・生涯学習 > 教育委員会会議 > 平成26年度第7回教育委員会会議要旨

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2014年12月18日

平成26年度第7回教育委員会会議要旨

開催日・時刻

平成26年10月23日(木曜日)14時00分~

場所

教育委員会室(県庁4号館4階)

出席委員

島原俊英(委員長)、東秀一、近藤好子、齊藤和子、山崎里都子、飛田洋(教育長)

参与員

原田教育次長(総括)、谷口教育次長(教育政策担当)、今村教育次長(教育振興担当)、大西総務課長、田方財務福利課長、川越学校政策課長、川﨑学校支援監、坂元特別支援教育室長、西田教職員課長、村上生涯学習課長、日髙スポーツ振興課長、大西文化財課長、松下人権同和教育室室長補佐

議事等

議事

  • 臨時代理報告第5号
    【教職員の懲戒処分について】
  • 臨時代理報告第6号
    【公の施設の指定管理候補者の選定について】
  • 議題第28号
    【教職員の懲戒処分について】
  • 議題第29号
    【教育職員免許状について】

その他

  1. 平成26年9月定例県議会について
  2. 県有車両による交通事故について
  3. 県立高校生の就職内定状況について

会議録

冒頭、委員長から、「臨時代理報告第6号」、「その他2」については、県議会に提出する議案等に関するものであり、現時点では未公表であること、「議題第28号」及び「議題第29号」については、人事に関することであることから、非公開での審議が適当である旨の提案がなされ、出席委員全員で異議なく決定した。

職員の懲戒処分について

宮崎県教育委員会では、コンプライアンス推進委員会を設置するなど、職員の不祥事の根絶に向けて取り組んでいるところです。その取組の一環として、職員の懲戒処分を決定した教育委員会会議の概要について、ホームページで公表することとしました。

会議資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。