トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 「古典の日」について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2013年11月11日

「古典の日」について

11月1日は、「古典の日」です。

古典の日とは

平成24年9月5日、「古典の日に関する法律」が公布・施行され、11月1日が「古典の日」と定められました。これは、紫式部日記によって源氏物語の存在が確認される最古の日付が寛弘5(1008)年11月1日であることにちなんでいます。

目的

同法は、「古典の日」を定めることにより、国民が古典に親しむことを促し、国民の心のよりどころとして古典を広く根づかせることにより、心豊かな国民生活・文化的で活力ある社会の実現に寄与することを目的としています。

古典の範囲について

この法律における「古典」とは文学、音楽、美術、演劇、伝統芸能、演芸、生活文化その他の文化芸術、学術又は思想の分野における古来の文化的所産であって、我が国において創造され、又は継承され、国民に多くの恵沢をもたらすものとして、優れた価値を有すると認められるに至ったものを指しています。

関連するページへのリンク

お問い合わせ

総合政策部みやざき文化振興課文化担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7117

ファクス:0985-32-0111

メールアドレス:miyazaki-bunkashinko@pref.miyazaki.lg.jp