トップ > しごと・産業 > 林業 > 生産・利用・流通 > 令和3年度みやざき材で創る「新しい生活様式」空間づくり支援事業の募集について(募集を締め切りました。)

ここから本文です。

更新日:2021年9月15日

令和3年度みやざき材で創る「新しい生活様式」空間づくり支援事業の募集について(募集を締め切りました。)

不特定多数の者の利用が見込まれるPR効果が高い施設(店舗、飲食店、空港、港、駅、銀行、観光施設、式場、展示場、貸会議室、その他知事が認めるもののうち、不特定多数の者が利用する空間に限る。)において、県産材を活用した「新しい生活様式」(新型コロナウイルス感染症対策のために、政府の専門家会議が発表した行動規範をいう。以下同じ。)に配慮した施設整備等に対して支援を行います。

下記の「1.募集要領」をお読みになり事業実施を希望される場合は、「2.事業計画書様式(募集用)(Excelファイル)」、関係資料等を宮崎県西臼杵支庁又は各農林振興局の林務課に提出してください。

募集締め切りは令和3年10月29日(金曜日)までとします。ただし、予算の状況によっては、募集期間中に終了する場合又は募集締め切り後に二次募集を行う場合があります。

募集を締め切りました。なお、みやざきスギを魅せる「空間・人」づくり事業は継続募集中です。

募集概要

第1募集する事業概要

1.木造施設建設及び内装木質化に係る支援

  • (1)事業内容
    「新しい生活様式」を実践するため、県産材かつ合法木材であることが証明できる木材を使用し、木造施設の建設及び内装木質化を行う施設整備に対して助成する。
  • (2)補助対象者
    個人又は法人
  • (3)補助率
    県産材の木材費並びにこれに伴う工事費及び諸経費の2分の1以内
  • (補助金の上限額は木造施設の建設:1,000万円、内装木質化:500万円。ただし、内装木質化の補助対象経費は20万円以上とする。)
  • (4)補助対象施設の要件
    • ア.不特定多数の者の利用が見込まれるPR効果が高い施設であること。
    • イ.「木づかい」機運の醸成、森林資源を生かした快適な空間の創造など、PR効果が高いと知事が認めるものであること。
    • ウ.国又は県が示す業種別感染対策ガイドラインを踏まえ、それぞれ実情に応じて作成したガイドラインに基づくものであるとともに、「新しい生活様式」の実践につながると知事が認める施設であること。
    • エ.県内に所在する施設であること。
    • オ.事業終了年度の翌年度の4月1日から起算して5年以上、事業計画に記載された用途及び上記ウのガイドラインに基づく利用が継続されると見込まれるもの(やむを得ない事情により用途を継続できないと知事が認めたものを除く。)であること。
    • カ.補助対象とする部分に使用する木材使用数量(材積)の70%以上が県産材であること。
    • キ.工事完成後において、県産材の利用が目視できること。(木造施設の建設においては、施設の一部に県産材の利用が目視できる部分があること。)
    • ク.補助事業実施年度内に、補助対象とする部分の完成が確実であると認められるものであること。
    • ケ.補助金交付決定日以降に補助対象とする部分に着手するものであること。

2.木製外構施設設置に係る支援

  • (1)事業内容
    「新しい生活様式」を実践するため、県産材を使用した木製外構施設の設置に要する経費に対して助成する。
  • (2)補助金交付対象者
    個人又は法人
  • (3)補助率
    県産材の木材費並びにこれに伴う工事費及び諸経費の2分の1以内
    (補助金の上限額は300万円)
  • (4)補助対象施設の要件
    • ア.不特定多数の者の利用が見込まれるPR効果が高い施設であること。
    • イ.「木づかい」機運の醸成、森林資源を生かした快適な空間の創造など、PR効果が高いと知事が認めるものであること。
    • ウ.国又は県が示す業種別感染対策ガイドラインを踏まえ、それぞれ実情に応じて作成したガイドラインに基づくものであるとともに、「新しい生活様式」の実践につながると知事が認める施設であること。
    • エ.県内に所在する施設であること。
    • オ.事業終了年度の翌年度の4月1日から起算して5年以上、事業計画に記載された用途及び上記ウのガイドラインに基づく利用が継続されると見込まれるもの(やむを得ない事情により用途を継続できないと知事が認めたものを除く。)であること。
    • カ.補助対象とする部分に使用する木材使用数量(材積)の70%以上が県産材であること。
    • キ.工事完成後において、県産材の利用が目視できること。
    • ク.補助事業実施年度内に、補助対象とする部分の完成が確実であると認められるものであること。
    • ケ.補助金交付決定日以降に補助対象とする部分に着手するものであること。

3.木製調度品の導入に係る支援

  • (1)事業内容
    「新しい生活様式」の実践のため設置する木製調度品の購入に要する経費に対して助成する。ただし県産材を使用したものに限る。
  • (2)補助金交付対象者
    個人又は法人
  • (3)補助率
    県産材を材料として製作された木製調度品の購入、運搬及び設置に要する経費の2分の1以内
    (補助金の上限額は50万円。ただし、補助対象経費は20万円以上とする。)
  • (4)補助対象となる木製調度品の要件
    • ア.第1の1の(4)のアからオを満たす施設に設置するものであること。
    • イ.主たる用途に供する部分又は構造上重要な部分等に木材を使用し、使用数量(材積)の70%以上が県産材であること。
    • ウ.補助事業実施年度内に、設置が確実であると認められるものであること。
    • エ.補助金交付決定日以降に設置するものであること。

第2募集期間

募集締め切りは、令和3年10月29日(金曜日)とします。ただし、予算の状況によっては、募集期間中に終了する場合又は募集締め切り後に二次募集を行う場合があります。

事業実施を希望される場合は、西臼杵支庁又は各農林振興局の林務課へ別添の「2事業計画書様式(募集用)」、関係資料等を提出してください。

なお、募集内容につきましては、下記「1.募集要領(PDFファイル)」をご覧ください。

  1. 募集要領(PDF:109KB)
  2. 事業計画書様式(募集用)(エクセル:36KB)
  3. 事業計画書様式(募集用)(PDF:61KB)

要綱様式等

  1. みやざき材で創る「新しい生活様式」空間づくり支援事業補助金交付要綱(PDF:333KB)
  2. 要綱様式第1号~5号(エクセル:114KB)
  3. みやざき材で創る「新しい生活様式」空間づくり支援事業実施要領(PDF:205KB)
  4. 要領様式第1号~3号(エクセル:112KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部山村・木材振興課みやざきスギ活用推進室 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7156

ファクス:0985-28-1699

メールアドレス:miyazaki-sugi@pref.miyazaki.lg.jp