イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > 【整理券の配布は終了】日本舞踊で舞う~神話の源流~

ここから本文です。

更新日:2021年7月16日

【整理券の配布は終了】日本舞踊で舞う~神話の源流~

サムネイル画像(日本舞踊)

ジャンル 舞踊
エリア 延岡市
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|筆談での対応が可能である|音声・点字案内がある|授乳室がある|車いす用観覧席がある|おもいやり駐車場がある|多目的トイレがある|オストメイトがある
開催日

2021年8月1日(日曜日)

開催時間 14時00分~16時30分
会場 延岡総合文化センター(大ホール)

概要

「和が育んだ“美”の境地」

古くから日本の舞台芸術として「舞楽」や「能楽」をもとに発展してきた「日本舞踊」の群舞を披露し、日本舞踊の魅力はもとより、宮崎県に伝わる神話の伝承を発信するとともに、演者として子どもたちを募り、練習指導することにより、日本舞踊の普及・継承を図ります。

日時

開催日

2021年8月1日(日曜日)

開催時間

14時00分~16時30分

会場

延岡総合文化センター(大ホール)

住所 〒882-0852延岡市東浜砂町611番地2
ホームページ 延岡総合文化センター(外部サイトへリンク)

内容

日本最大の日本舞踊の流派である「花柳流」の日本舞踊家で、延岡出身の「花柳達真」氏が宮崎県に伝わる神話(古事記)を日本舞踊に書き下ろした世界初演の作品で、氏が神話を読み解く中で感じた3つのテーマ(迷い・信じる心・愛)を柱に創作する振付に、江戸時代から続く三味線音楽を中心に、洋楽、パーカッション等も折り込まれたテンポの良いオリジナルの楽曲をつけた群舞を日本舞踊協会会員や地域のこどもたちが一緒に披露いたします。

“美”の境地と言われる日本舞踊の持つ“伝統力”“エンターテイメント力”“普遍力”を打ち出した本作に触れ、心に希望と潤いをお持ち帰り頂ける舞台です。

(ストーリー)
延岡市にゆかりの”ニニギノミコト”と”コノハナサクヤヒメ”の結婚に端を発する。高千穂の峰に降りたったニニギに思わぬトラブルが発生!神々から叱責されてしまう。ニニギは今一度、アマテラスの想いを思い起こそうと過去を紐解き始.める。そこには平和と希望を胸に苦難に立ち向かい未来を切り開く神々の姿があった,,,
(新作舞踊)
天翔る神々高天原物語

・「茶の湯フェスティバル」を同時開催します。

開催要項等

申込

【当日の観覧】
・観覧(無料)には、入場整理券が必要です。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 1.延岡日本舞踊協会
電話:0982-31-1742

2.延岡市実行委員会事務局(延岡市国文祭・芸文祭推進室内)
電話:0982-20-5553

【注意】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限、内容の変更、公演等の中止を行う場合があります。

【注意】バリアフリー情報は、施設(ハード)のバリアフリー情報です。イベント当日の対応で不明な点がありましたら、主催(問い合わせ先)までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。