イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > 【フォーラムは申込不要・現地見学会は受付終了】南浦文之と櫛間院龍源寺国際フォーラム

ここから本文です。

更新日:2021年7月16日

【フォーラムは申込不要・現地見学会は受付終了】南浦文之と櫛間院龍源寺国際フォーラム

サムネイル画像(南浦文之)

ジャンル 神話・民俗・歴史
エリア 串間市
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|授乳室がある|車いす用観覧席がある|多目的トイレがある
開催日

2021年7月31日(土曜日)

2021年8月1日(日曜日)

開催時間 (31日)13時(12時30分開場)~17時、(1日)8時~12時
会場 串間市文化会館(大ホール)

PRポスター(南浦文之)

概要

「世界史的流れからみる『くしま』の成り立ち、そして中世への旅」

日明貿易の時代から、中世の補給港として栄えた串間市本城の湊地区、南浦文之などの高僧たちが活躍した櫛間院龍源寺。当時の龍源寺は、海外貿易の文書の取り扱いや通訳を担う領事館のような場所でした。そして、中国と意思疎通をするには漢文学が必要であり、龍源寺には高僧たちが集っていました。
世界史的な流れの中で、私たちの「くしま」は、どのような成り立ちをもつのか?2020年に没後400周年を迎えた南浦文之を始め、櫛間院龍源寺の高僧たちに焦点を当てた国際フォーラムを開催することで、郷土の歴史ロ
マンをひもとき、郷土愛と文化の醸成に寄与する大会を目指します!

日時

開催日

2021年7月31日(土曜日)

2021年8月1日(日曜日)

開催時間

(31日)13時(12時30分開場)~17時、(1日)8時~12時

会場

串間市文化会館(大ホール)

住所 〒888-0001串間市大字西方6524番地58
ホームページ 串間市文化会館(外部サイトへリンク)

内容

【国際フォーラム(7月31日)】
1.民俗芸能団体等によるオープニングセレモニー
2.国際フォーラム
・薩摩藩における櫛間院龍源寺の存在意義
・薩摩島津氏と飫肥伊東氏の貿易権攻防
・櫛間院龍源寺の高僧たち
・世界史的流れからみる「くしま」の成り立ち
3.龍源寺と高僧たちに関するパネル展示(串間市文化会館ロビー)
4.民俗芸能団体紹介パネル展示(串間市文化会館ロビー)

【くしまエコツーリズム現地見学会(8月1日)】
大学の先生とさるく中世のMinato(事前申込は終了しました。)

開催要項等

対象

【当日の観覧】
・国際フォーラム(7月31日)は、どなたでも観覧できます(無料です)。
・現地見学会(8月1日)は、事前申込を終了しました。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 串間市実行委員会事務局(串間市教育委員内)
電話:0987-55-1163(直通:平日8時30分~17時15分)

【注意】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限、内容の変更、公演等の中止を行う場合があります。

【注意】バリアフリー情報は、施設(ハード)のバリアフリー情報です。イベント当日の対応で不明な点がありましたら、主催(問い合わせ先)までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。