イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > 【チケット販売中】能楽の世界

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

【チケット販売中】能楽の世界

サムネイル画像(能楽の世界)

ジャンル 伝統
エリア 宮崎市
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|施設内通路には段差がない・スロープがある|音声・点字案内がある|授乳室がある|車いす用観覧席がある|おもいやり駐車場がある|多目的トイレがある|オストメイトがある
開催日

2021年8月29日(日曜日)

開催時間 14時00分開演
会場 メディキット県民文化センター(演劇ホール)

PRポスター(能楽の世界)

概要

「日本の『心』『美しさ』を受け継ぐ伝統文化を楽しむ」

世界無形文化遺産にも認定された「能楽」は、神話や平家物語を題材にしたものが多く、「神話の源流みやざき」とゆかりのある鵜羽や景清などが有名です。
伝統文化である「能楽」は総合芸術として価値ある芸能です。神話の源流みやざきで開催することで、県内外の方々が一流の舞台に親しむ機会を創出し、伝統文化の振興につなげ、能楽という文化に関心を持ってもらう祭典とします。

日時

開催日

2021年8月29日(日曜日)

開催時間

14時00分開演

会場

メディキット県民文化センター(演劇ホール)

住所 〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
ホームページ メディキット県民文化センター(外部サイトへリンク)

内容

1.宮崎でほとんど観ることのできない、「観世清和」氏や能楽師シテ方観世流人間国宝「大槻文藏」氏等をはじめとする総勢27名での、一流の能楽を上演します。

2.能は羽衣、半能は石橋、狂言は隠狸、舞囃子は養老などの演目を予定しております。(約3時間40分の上演を予定。)

3.全国各地の公募展で多数の受賞歴を持つ、能面作家・海老原彰氏が作成した能面の展示を行います。みやざきの神話を題材とした能楽に使用する能面や当日の演目で使用される能面などと同じ種類の能面20点の展示を予定しています(公演当日に使用した能面の展示はありません)。

開催要項等

対象

【当日の観覧】
どなたでも観覧できます(有料です)。

費用

【当日の観覧】
1.入場料
S席:5,000円(当日券5,500円)、A席:3,500円(当日券4,000円)

2.販売方法
・2021年5月1日から、宮崎県能楽振興協会、メディキット県民文化センター(5月8日~)、山形屋チケットセンターにて販売します。
・新型コロナウイルスの感染予防対策により、座席数50%稼働での限定数販売となります。
・当日券の販売も予定しておりますが、販売予定枚数に達し次第終了となりますので、お早めにご購入ください。
・新型コロナウイルスの感染状況によっては、追加販売も予定しておりますが事前申込制とします。詳しくは、宮崎能楽振興協会へお問い合わせください。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 1.宮崎能楽振興協会
電話:090-7440-4327

2.宮崎市実行委員会事務局(宮崎市国文祭・芸文祭支援室内)
電話:0985-44-2805

【注意】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限、内容の変更、公演等の中止を行う場合があります。

【注意】バリアフリー情報は、施設(ハード)のバリアフリー情報です。イベント当日の対応で不明な点がありましたら、主催(問い合わせ先)までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。